【食品安全】サプライチェーン全体の食品安全管理 ~その課題と企業の取り組み~

米国食品安全強化法に基づきすでに100社以上の日本食品関連企業に対し、FDAから検査が実施されるなど、国境を越えてサプライチェーンが広がる現在、食への安全対策も国境を越え始めています。

もはや国内向けだけの食品安全対応では不十分となりつつある現在、どのようにサプライチェーン全体の食品安全レベルを上げればよいのか?と悩む皆様に向けて、GFSIのグローバル・テクニカル・ワーキンググループメンバーである、LRQA North America 食品安全審査員のVel Pillayより、FDAの米国食品安全強化法の最新情報と、海外でサプライチェーン管理に用いられているGFSIのグローバル・マーケット・プログラムについてご説明します。

当日は(株)カーギルジャパン フードセーフティー部の垣花様をお招きして、カーギルでのサプライチェーン管理についてご紹介いただきます。

また、今年4月に第3版が発行されたFSSC 22000の最新情報についても、LRQAジャパン 食品主任審査員 坂下琢治より、ご説明いたします。

ご参加をお待ちしています。

【セミナーキーワード】

  • 米国食品安全強化法の動向
  • GFSIグローバル・マーケット・プログラム
  • 企業事例:カーギルジャパンのサプライチェーン管理
  • FSSC 22000最新情報

サプライチェーン全体の食品安全管理 ~その課題と企業の取り組み~

内 容

1. 「サプライチェーン全体の食品安全管理(仮)」  通訳付
   ●国境を越える食品サプライチェーンと、食品安全意識
     -米国食品安全強化法の動向-

   ●サプライチェーン全体の管理と食品安全の底上げ 
     ーグローバル・マーケット・プログラム導入と事例

      LRQA North America 食品安全審査員 Vel Pillay

LRQA North America 食品安全審査員 Vel Pillay

Vel Pillay, MBA, M.Sc. (Food Science) 経営学修士(MBA)、食品科学修士

LRQAの南北アメリカ全体における事業開発および監査プロセス担当食品安全マネジャー。
企業での食品安全プログラムマネジャー経験、15年の食品安全および研究開発担当取締役経験、および、5年のカナダ保健省監察支局での経験を持つ。
ISO 22000、HACCPおよび、グローバルマーケットプログラム監査のリード審査員/監査員資格。ISO 22000研修講師。南北アメリカにわたるISO 22000、PAS 220およびFSSC 22000教育研修コース開発も担当。


2. 企業事例: 
      「カーギルジャパンにおけるサプライチェーン全体の食品安全管理(仮)」

      株式会社 カーギルジャパン フードセーフティー部 垣花直人様

株式会社 カーギルジャパン フードセーフティー部 垣花直人様垣花 直人 (かきのはな なおと)

カーギルジャパンフードセーフティ・コーディネーター
主に取引先サプライヤーの評価・承認プロセスの構築を担当。


3. FSSC 22000 最新情報

      LRQA ジャパン 食品主任審査員 坂下琢治

LRQA ジャパン 食品主任審査員 坂下琢治坂下 琢治

1998年岡山大学大学院修了。東洋産業株式会社入所。2006年、坂下ISO事務所を設立。2007年LRQA ジャパン入社。
食品企業を中心としたISO 22000、FSSC 22000およびISO 9001の審査を実施している。 

日 時 2013年7月5日(金)  13:30-17:00 ※13:00受付開始
開催地

リージャス汐留
〒105-0022東京都 港区 海岸1-2-20 汐留ビルディング 3階

アクセスマップ
http://www.regus.co.jp/locations/office-space/tokyo-shiodome-building

JR「浜松町駅」および地下鉄「大門駅」より徒歩3分

対 象 ISOご担当者様、食品安全ご担当者様
参加費 無料
申込締切 6月28日(金)

お問合せ

ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド
LRQA ジャパン
マーケティング チーム  
Tel: 045-670-7447 Fax: 045-682-5289 
E-mail:   LRQA-Japan-Marketing@lrqa.com