【CSR】サプライチェーンCSRの最新動向 セミナー<受付終了>

*** 本セミナーは受付終了致しました。 ***


近年、サプライチェーンのCSRマネジメントへの関心が急速に高まっています。長年の児童労働からの子供たちの解放運動を続けてきたカイラシュ・サティヤルティ氏に対し、ノーベル平和賞が決定しました。今回、サティヤルティ氏と 長年の交流のあるACEの岩附氏に多様な産業が関係する児童労働の実態について紹介していただきます。

また、企業がサプライチェーンCSRに取り組むにあたり参考になる様々なプラットフォームの比較、現在開発が進むISO 20400「持続可能な調達」の開発状況についても日本代表として国際会議に参加した講師がご紹介します。

内 容

「世界の児童労働の実態と企業の社会的責任」

世界に1億6800万人といわれる児童労働に、各業界でどのように関わっている可能性があるのか。企業の社会的責任として、期待されていることは何か。また課題解決に向けて、NPOとどう連携できるのかを考えます。
認定NPO法人ACE代表 岩附 由香
講師:
岩附 由香
認定NPO法人ACE代表

人権・労働面の国際規格SA 8000の監査研修修了。内閣府による「社会的責任に関する円卓会議」運営委員、リオ+20国内準備委員会の委員、国際協力NGOセンター理事等も担う。 桜美林大学講師。
ACEウェブサイト:www.acejapan.org 


「サプライチェーンCSR監査の グローバルプラットフォーム比較」

サプライチェーンCSR監査を進めるに当たり、世界で先行している様々な企業間共通のプラットフォーム、規格、協働の取り組み(SA 8000、SMETA、EICC等)を比較して紹介し、効果的・効率的な監査の推進の参考となる情報を提供します。
LRQA監査員 中村 友子
講師:
中村 友子
LRQA 監査員

環境コンサルティング会社でISO 14001導入支援、CSR報告書第三者認証に携わった後、通信会社CSR部門を経て、バーバリー・ジャパン株式会社でCSR調達監査に携わり、国内監査の仕組みを構築。また、BSR Mills and Sundriesワーキンググループの環境監査スキーム構築に参画。2014年9月より現職。


「ISO 20400(持続可能な調達)の概要と開発状況」 

日本代表として国際会議に参加した講師より、現在、開発が進むISO 20400「持続可能な調達」の概要と会議について最新の状況を紹介します。この「持続可能な調達」の国際会議には、ロンドンオリンピックのサステナビリティに深く関わった英国のエキスパートも参加しています。
LRQA 冨田 秀実講師:
冨田 秀実
LRQA
ISO/PC277「持続可能な調達」日本代表エキスパート

GRI本部の技術諮問委員会(TAC)委員、G4マルチステークホルダー委員会委員長に就任。 環境省の環境コミュニケーション規格に関する研究会委員。 CDP(カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)のアドバイザリーボードのメンバーも歴任。

日 時 日 時 2014年12月9日(火) 13:30~17:00 ※13:00 受付開始
開催地

都市センターホテル 706会議室 
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-4-1 

アクセスマップ
http://www.rihga.co.jp/toshicenter/access/index.html

  • 有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」 より徒歩3分 
  • 有楽町線「麹町駅」 より徒歩4分
  • 丸の内線・銀座線、「赤坂見附駅」 より徒歩8分
対 象 企業管理職の方、CSR・サステナビリティ担当者、調達、購買担当者
参加費 参加費 3,000円 (税込み・1名様)
※参加費は、当日の受付でお支払いいただきます。
※当日、宛名にお客様企業名を記載した領収書をお渡しします。 

お問合せ

ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド
LRQA ジャパン
マーケティング チーム  
Tel: 045-670-7447 Fax: 045-682-5289 
E-mail:   LRQA-Japan-Marketing@lrqa.com