【食品安全】LRQA審査員講演-日立造船 食品安全セミナー 東京 ~CCPをおさえたITシステムの活用で、現場の作業負荷軽減へ~<受付終了>

*** 本セミナーは受付終了いたしました。 ***

食品安全に関する注目が高まるなか、生産ラインの記録にカメラを導入する企業様が増えています。
しかし、その映像を有効活用できているのでしょうか?

本セミナーでは、ISO審査機関LRQAの食品審査員より、ISO 22000などマネジメントシステム規格にある「記録に関する要求事項」と「異物混入対策の重要管理点」について解説。
また、食レコを活用した具体的な事例について、日立造船よりご紹介します。




日立造船は株式会社は、同社の事業領域の1つである「社会インフラ整備」に、「食品・医薬機械」と「電子制御システム」を掲げています。

「食品・医薬機械」においては、食品・飲料・化成品の充填、輸液用バッグの製袋・充填・滅菌・包装までの最新のトータルシステムおよび食品の異物を検出する食品選別装置も提供しており、「電子制御システム」では、食品生産ラインの安全・安心を提供する映像記録システムを開発しています。この電子機器・制御分野にでは、デジタル放送の伝送装置、プラント制御システムの実績があります。

日立造船株式会社:事業領域その2-1 社会インフラ整備

第12回日食優秀食品機械賞受賞(生産ライン映像記録システム「食レコ」)2009年09月28日 


日 時 2014年7月31日(木)  13:30-17:00 ※13:00受付開始 
開催地

日立造船株式会社 東京本社
 東京都品川区南大井6丁目26番3号
 大森ベルポートD館11階 大会議室

アクセス: 
http://www.hitachizosen.co.jp/company/outline/map-tokyo.html
最寄り駅 JR大森駅、京急大森海岸駅

テーマ

異物混入対策と記録のペーパーレス

セミナー
プログラム
(予定)

「異物混入対策の重要管理点」

「現場での記録のペーパーレス化」

質疑応答
*ご質問については事前受付承ります。下記の【セミナーお申し込み】フォームにて、ご連絡ください。

講師

LRQA ジャパン 食品主任審査員 坂下 琢治

LRQA ジャパン 食品主任審査員 坂下 琢治1998年岡山大学大学院修了。東洋産業株式会社入所。 
2006年、坂下ISO事務所を設立。 
2007年LRQA ジャパン入社。 
食品企業を中心としたISO 22000、FSSC 22000およびISO 9001の審査を実施している。


日立造船株式会社 精密機械本部 中村 豪志  

参加費 無料
※同業種の方、および関係者の方のお申し込みは、ご遠慮願います。


お問合せ

ロイド レジスター
マーケティング
Tel: 045-670-7447 Fax: 045-682-5289 
E-mail:   japan-marketing@lr.org