食品安全(FSMS)

消費者からの安全への強い要求に応えていくために、各企業では今すぐにでも何らかの手を打たざるを得ない状況となっています。 そのため食品安全を仕組みで管理することで、今までの蓄積を確実に継承していくことができる、マネジメントシステムが注目されているのです。

日本人の食生活と物流の変化とともに、「食」を取り巻く環境の変化によって、食品加工のプロセスだけではなく、「From Farm to Fork ~農場からフォークまで~」全体にわたる品質・安全にこだわる消費者が増えてきました。

消費者の安全への意識が高まる一方で、食品関連企業、特に日本の伝統的な食品の製造現場では、今、食品安全のノウハウをいかにして次世代へ確実に継承していくか、という対応に迫られています。

関連規格一覧

全規格を表示

FSSC 22000 食品安全マネジメントシステム

FSSC 22000は、CIAA(EU食品・飲料産業連合)の支援を受けてFFSC( Foundation for Food Safety Certification)により開発されたスキームであり、動物性または傷みやすい植物性製品、常温での長期保存品、添加物、ビタミン、培養物などの食品成分を加工または製造する食品製造者が対象となっています。

HACCP

原材料の受入から最終製品までの工程ごとに、微生物による汚染、金属の混入などの潜在的な危害の予測(HA:危害要因分析)に基づいて、危害の発生防止につながる特に重要な工程(CCP:重要管理点)を継続的に監視・記録する、といった製品の安全を確保する衛生管理の手法です。

ISO 22000 食品安全マネジメントシステム

ISO 22000は食品安全マネジメントシステムの要求事項に関する国際規格です。この規格には、相互コミュニケーション、システムマネジメント、前提条件プログラム、およびHACCPの原則が盛り込まれています。