東芝インフォメーションシステムズ株式会社【ISO 20000】

守りの運用から、攻めの運用へ。ISO 20000の認証取得で、組織改革を実現。

200社を超える東芝グループの中で、ITサービスマネジメントシステムISO 20000の認証を一番乗りで取得したのが、東芝インフォメーションシステムズ株式会社の運用センター。ISO 20000の認証取得によって、“守りの運用から攻めの運用へ”という組織改革を実現した同社の取り組みをレポートします。

  • 重要な業務を担う運用センターだが、受身型の仕事になりがちに。
  • 組織改革へ向け、ISO 20000の導入を目指す。
  • 障害件数の減少をきっかけに、活気づいた組織。
  • 東芝グループ初のISO 20000認証取得が社員の自信に。
  • 守りから攻めの組織への変貌。
  • ISO 20000の導入効果。
  • 組織のチカラを高めるためのISO。
  • 運用センターの効率化をサポートしたLRQAの審査サービス。

全文は、PDFファイルをご参照ください。