【航空宇宙】QMSファミリー セクター規格(2):JIS Q 9100解説


LRQA ジャパン 航空宇宙産業経験審査員 稲垣 剛

LRQA ジャパン 航空宇宙産業経験審査員
稲垣 剛

航空宇宙産業セクター規格 JIS Q 9100

厳格な品質管理のための航空宇宙産業セクター規格JIS Q 9100。

航空宇宙産業といえば、品質保証に約1割ものコストをかけているといわれ、より厳格な品質管理が行われている産業です。しかし、チーズモデルに示されるように、幾重もの対策をしていても偶然が重なると、品質不良、事故を起こしてしまうことがあるのです。さらに、現在は、過去の教訓が風化してしまったり、コスト削減による効率化、2007年問題など様々な要因が重なり、品質保証のあり方が問われるようになっています。こうした中で、高い品質を維持していくために、航空宇宙産業では、JIS Q 9100の認証取得ニーズが高まっているのです。

緻密な要求事項が盛り込まれている、JIS Q 9100。

JIS Q 9100の追加要求事項航空宇宙産業では、長い間デファクトスタンダードとなっていた米国防総省規格MIL-Q-9858Aが廃止された後、国際航空宇宙品質グループによって IAQG 9100が制定されました。これに対応して、JAQG(航空宇宙品質センター)によって制定されたのが、JIS Q 9100です。この規格は、ISO 9001に、航空宇宙産業特有のレベルの高い要求事項を加えたものとなっています。追加があったのは、7章「製品実現」と8章「測定及び分析、改善」。顧客関連プロセスにおけるリスク管理や、設計におけるリスク排除、購買製造における付加要求、初回製品検査の詳細記録が必要となるなど、非常に緻密な要求事項となっています。

品質管理、内部監査の高度なノウハウが得られる。

こうしたJIS Q 9100へステップアップすることで、特に中小企業では、大手企業が有しているような、高度な品質管理のノウハウを得ることができるでしょう。また、マネジメントシステムの大きな特長のひとつに内部監査がありますが、適切に行われていない組織も見受けられます。しかし、JIS Q 9100には、審査のチェックリストがついており、これを活かすことで、より有効な内部監査を実施していくことができ、継続的改善にもつながっていくでしょう。

さらに、営業的なメリットも見逃せません。JIS Q 9100を取得すれば、世界的なサプライヤーデータベースであるOASISに登録され、世界中の顧客からその信頼性が認められ、新規顧客開拓にも役立つでしょう。

国際的に認知度の高いLRQAでの移行審査がオススメ。

JIS Q 9100は、難易度が高いがゆえ、審査する側にも高いレベルが要求されます。LRQAでは、日本の航空宇宙産業をリードする大手重工業会社の品質保証部門で、数年前まで活躍していた2人のスペシャリストを擁しています。現在の航空宇宙産業のノウハウを知り尽くしているため、より有効な品質管理体制の確立に役立つ審査をご提供できます。

また、現在、国内で実績のある審査登録機関は、わずかに4機関。そのうち、外資系の審査登録機関は、LRQAのみとなっています。国際的に認知度の高いLRQAの登録証なら、外国企業から高い信頼を獲得できるでしょう。

これまでLRQAでISO 9001を取得した企業には、よりスムーズな審査をご提供することができるのはもちろん、他の審査登録機関でISO 9001を取得された企業にも、様々なメリットを享受していただけます。ISO 9001からJIS Q 9100への移行審査は、ぜひ、LRQAでご検討ください。

他の審査登録機関からLRQAへの乗り換えメリット

チーズモデルとは?/JIS Q 9100認証取得のメリット


(掲載日:2007年10月1日)

関連コラム一覧 <開く>

コラム

全てのコラムを表示

【自動車機能安全】ISO 26262寄稿シリーズ(5): ISO 26262の欧州の現状

先日、LRQAの横浜オフィスにLRQAのサポートを受けアジアでのサービスを展開しているMIRA社のデイビッド氏(写真左)と、組込みソフトウェア開発や機能安全規格教育研修の共同開発や実施にご協力頂いている株式会社東陽テクニカの二上氏(写真右)にお越し頂き、ISO 26262関連及びMISRA(Motor Industry Software Reliability Association)に関するミーティングを実施しました。

【鉄道】鉄道産業の現状と国際標準(2):IRIS規格、要求事項の概要

IRIS規格は認証のプロセスと審査方法に特徴があるため、これらの内容を各々第1章及び第2章で説明し、最後の第3章でシステム要求事項(0項~8項)を述べています。さらに、鉄道製品分類を示した『IRIS適用範囲』や、『IRIS審査工数』など、7件の附属書を加えて規格は構成されています。

【自動車】QMSファミリー セクター規格(1): ISO/TS 16949解説

自動車産業では、製品が安全と直結していることから、不良品ゼロが至上命題となっています。ISO 9001に比べ、より高度かつ多角的な品質管理が行える、自動車産業セクター規格ISO/TS 16949の認証取得が求められるようになっているのです。

【自動車機能安全】ISO 26262 - プロフェッショナルが集結して機能安全への視点を徹底解説

自動ブレーキや自律走行システムなど、自動車機構における電気・電子システムの役割が拡大する中で、各アセットメーカーやパーツメーカーもISO 26262(自動車向け機能安全マネジメントシステム)への関心を高めています。このニーズに応え、LRQA ジャパンでは、機能安全のエキスパートがISO 26262 への準拠に求められる視点を解説する「自動車機能安全セミナー2015 春」を開催しました。