【エネルギー】エネルギーマネジメントシステム(1):ISO 50001 エネルギーマネジメントシステム国際規格案(DIS)の解説

2010年3月にISO 50001エネルギーマネジメントシステムのDIS(Draft of International Standard)が発行されました。ISO 50001は、2008年から国際規格化の検討が行われている規格で、2011年に国際規格として発行されることが見込まれています。(表1参照)

 ISO 50001 IS化の日程

DISではエネルギーマネジメントシステムのモデルは、図1のように示されており、他のマネジメントシステムモデルと同様にPDCA (Plan-Do-Check-Action) のマネジメントサイクルを用いて継続的改善を実現することを目的として利用されるものです。この規格においては、継続的改善の対象は、エネルギーパフォーマンス及びエネルギーマネジメントシステムになります。

 ISO 50001 エネルギーマネジメントシステムモデル

この規格の将来の使用者が最も関心を寄せる点は、ISO 14001との相違ではないでしょうか? 

ISO 50001、ISO 14001双方ともにPDCAのマネジメントシステムモデルで構成され、さらにエネルギーの使用は、ISO 14001で取り扱う環境側面の一つとして捉えられるものです。今回は、ISO 14001の要求事項との違いを中心にISO 50001の要求事項の一部をご紹介致します。

ISO 50001の適用範囲では、“組織がエネルギーパフォーマンス、エネルギー効率やエネルギー使用量などを継続的に改善するためにシステム的な取り組みが出来るように、エネルギーマネジメントシステムを確立し、実施し、維持するための要求事項を定める”と記述されています。これに関連して、計画の段階では、法的及びその他の要求事項の特定に加え、“エネルギーレビューを策定し、記録し、維持すること”、“エネルギーベースラインを確立すること”、“エネルギーパフォーマンス指標を特定すること”を要求しています。さらにエネルギーレビューの策定においては、“実測などのデータに基づくエネルギー使用の解析”、“エネルギー使用の解析に基づく著しいエネルギー使用及び使用量のある領域の特定”が求められています。

これらのことから、実測された数値に基づき、エネルギー使用(量)の改善を目指す、よりパフォーマンスの改善を志向したマネジメントシステムとして構成され、パフォーマンス改善を支援するためにISO 14001よりもきめ細かく要求事項が設定されているといえるようです。

また、同じくISO 50001の適用範囲では、“エネルギーを使用する設備、システム、プロセスの購買や計画設計の実施を含めてエネルギー供給、測定、文書化及びエネルギー使用に関する報告に適用できる。”とされています。“購買”に関連して、さらに“エネルギーサービス、製品、設備及びエネルギーの調達”に関する要求事項が規定されており、“エネルギーサービス、製品及び設備を調達する際には、その調達に関して、エネルギーパフォーマンスの評価を行うことを通知すること”、“有効なエネルギーパフォーマンスの実現のために適切な購買の仕様書を決定すること”を要求しています。これは、エネルギー使用に関連する供給者及び請負者も含めたマネジメントが必要であることを意味しています。

一方で、この規格のマネジメントの対象は、“エネルギー使用”とされていますので、組織が提供する製品で使用されるエネルギーについては、現在のところこの規格の適用範囲には含まれていません。この部分は、製品やサービスを提供した結果生じる環境影響までを対象に含めるISO 14001と比較して、マネジメントの範囲が限定されているといえるようです。

総じて述べるならば、ISO 50001の要求事項は、ISO 14001の要求事項の延長線上あるいはその範囲内にあり、組織のエネルギーパフォーマンスの改善あるいは組織のエネルギーマネジメントを第三者に実証することを意図する組織を支援するための要求事項として構成されているようです。

(掲載日:2010年6月11日)
   

関連コラム一覧 <開く>

コラム

全てのコラムを表示

【環境】ISO 14001 改定 <DIS発行>(3):LRQAの視点-変更点は何か?

ISO 14001:2004 年版の多くのユーザーにとって新しいと思われる上記事項に加えて、現行の要求事項には、その他多くの表現変更があります。これらの変更はしばしば、特定の箇条の意図を明確にするか、あるいは、不明確な要求事項をより明確にしたものです。

【環境/検証/CSR】環境への対応力が“経営力”を左右する - 環境経営を戦略的に行うことが勝ち残りのカギ

ISO 14001により環境経営の基盤をつくり、その成果として環境リスクを減らし、経営力を向上させたら、そのパフォーマンスを検証して情報開示をしていく。こうした戦略的な環境経営を行っていくことで、社会的な認知度を高め、経営基盤もより磐石なものになり、健全に発展していくことができます。

規格改定関連ニュース検索方法のご案内 <開く>

規格改定関連ニュース検索方法のご案内

規格改訂関連ニュースフィルター「ニュース一覧」では、規格改定情報のみを絞込み、ご参照いただけます。

  • ニュース一覧ページを開きます。
  • 右記のようなフィルター画面が表示されますので、[トピック]⇒[ISO 規格改定最新情報]を選択します。
  • [ISO 規格改定最新情報] のニュース一覧が表示されます。

[ISO 規格改定最新情報]を選択後には、[規格]など、さらに検索を行うことができます。 

リンク: ニュース一覧


お問合せ

ロイド レジスター  Lloyd's Register
マネジメントシステム
ジャパン マーケティング チーム  
Tel: 045-670-7447 Fax: 045-682-5289 
E-mail:   LRQA-Japan-Marketing@lrqa.com