【事業継続】セキュリティ(5):ISO/DIS 22301とISO 9001の章構成比較

前回のコラム(第4回目)でご紹介した、事業継続マネジメントシステム(ISO/DIS 22301)に引き続き、今回は、規格の内容について説明をしたいと思います。

現在、ISO/DIS (国際規格原案)* から、次の段階ISO/FDIS(最終国際規格案) *に進んでいますが、こちらはまだ資料が公表されていないため、DIS(国際規格原案)を基にご紹介します。

* ISO規格は通常、以下の手順を踏んで、作成されます。

1. NP(新作業項目)の提案
2. WD(作業原案)の作成
3. CD (委員会原案)作成
4. DIS(国際規格原案)の照会
5. FDIS(最終国際規格案)の策定
6. 国際規格の発行

ISO/DIS 22301の概要をつかんでいただくために、ISO 9001:2008(QMS)と比較してみたいと思います。様々な見解があると思いますが、本資料をもとに概要をつかんでいただければ幸いです。

ISO/DIS 22301では、マネジメントシステムの基本的な考え方であるPDCAは、“規格全体”と“8章”で運用する2重構造となっていますので、8章を除く部分と8章で、マネジメントレビューなどが、2回登場します。

ISO/DIS 22301とISO 9001の章構成比較

表を見てお気付きの方もおられるかもしれませんが、このISO/DIS 22301は、数年後を目標に現在改定が進められている、ISO 9001 や ISO 14001などと同じ章構成となっています。新しいISO規格では、マネジメントシステム規格のフォーマットの統一が検討されているのです。
そのため、従来のISO 9001:2008やISO 14001:2004とは異なった章構成となっています。

これまで、BCMSの説明をしてきましたが、「BCMSを構築した場合、有事の時以外に、何かメリットを考えることはできないか?」ということで、次回は、BCMSと利益保険について、少し踏み込んで考えてみたいと思います。


(掲載日:2011年8月8日)

    

関連コラム一覧 <開く>

コラム

全てのコラムを表示

【事業継続】セキュリティ(6):BCMSと利益保険

基本的に、利益保険や営業継続保険は、火災保険に特約として追加するようになっている損保会社が多いと思われます。BCMに関係する保険や保険の特約には、利益保険、営業継続保険、賠償保険があります。

規格改定関連ニュース検索方法のご案内 <開く>

規格改定関連ニュース検索方法のご案内

規格改訂関連ニュースフィルター「ニュース一覧」では、規格改定情報のみを絞込み、ご参照いただけます。

  • ニュース一覧ページを開きます。
  • 右記のようなフィルター画面が表示されますので、[トピック]⇒[ISO 規格改定最新情報]を選択します。
  • [ISO 規格改定最新情報] のニュース一覧が表示されます。

[ISO 規格改定最新情報]を選択後には、[規格]など、さらに検索を行うことができます。 

リンク: ニュース一覧