【エネルギー】エネルギー・マネジメントの実践 - 課題解決へのヒント:エネルギーマネジメントシステム(ISO 50001) 導入のメリット

2011年6月15日にエネルギーマネジメントシステム(EnMS)の国際規格ISO 50001 が発行されました。ISO 50001で要求されるマネジメントシステム要素は、ISO 14001とほぼ共通していることが特徴です。

それでは、エネルギーマネジメントシステム(ISO 50001) を導入のメリットはどこにあるのでしょうか?
過去のISO 50001セミナーやエネルギーマネジメント勉強会で、実際にお客様からいただいたご質問内容と講師の回答内容をもとに、ご紹介いたします。

【参加者】
現在、マネジメントシステムを導入していません。今後、社内でエネルギー管理を行うには、ISO 14001 とISO 50001 のどちらを導入するのが良いでしょうか?
【講師】
ISO 50001は、エネルギーベースラインの設定、エネルギーレビューなどの関する要求事項が含まれています。そのため、ISO 14001に比べ、「エネルギーに関するパフォーマンスの改善を指向したマネジメントシステム」と言えます。
エネルギー管理のみを目的として新たに導入する場合には、ISO 50001をお勧めしますが、環境全般に関して取り組みを行い、ステークホルダーへ開示することなどを目的とする場合には、先ずはISO 14001を導入することをお勧めします。

【参加者】
現在、ISO 14001を導入していますが、ISO 50001を新たに導入するメリットが感じられません。
  【講師】
ISO 50001 を統合化されたマネジメントシステムとして導入することにより、環境マネジメントシステムをパフォーマンス指向のEMSへと発展させることができます。

ISO 50001への対応による既存のEMSへの効果

  • エネルギー使用の効率化のためのデータに基づく体系的な取り組みが実現されるとするなら?
  • エネルギー調達に関する戦略的な取り組みが実現できるとするなら?
  • パフォーマンス指向のマネジメントシステムに向けた見直しの機会があるなら?
  • 組織の要員がエネルギーマネジメントの重要性に気付く機会があるなら?
  • サプライチェーンを視野に入れたエネルギーマネジメントが実現できるとするなら?

このような、課題を抱えている組織には、エネルギーマネジメントの導入をお勧めします。

【参加者】
現在、ISO 9001を導入していますが、ISO 14001を導入していません。このような場合には、ISO 50001の導入は難しいのでしょうか。
【講師】
エネルギーマネジメントシステム(ISO 50001) は、ISO 9001 やISO 14001などのマネジメントシステムモデルと同様にPDCA (Plan-Do-Check-Action) のマネジメントシステムモデルで構成されています。
ISO 14001ほどは共通点がありませんが、マネジメントシステムの基礎はISO 9001と同じですので、一からISO 50001を導入するよりも短い期間での導入が可能でしょう。

ISO 50001 エネルギーマネジメントシステムモデル

【参加者】
エネルギーマネジメントシステム(ISO 50001)を導入することで、新たに運用するマネジメントシステムが増えてしまうという懸念があります。
【講師】
ISOのマネジメントシステムを構築する際に、組織が元々持っている経営組織の仕組み「ビジネス・マネジメントシステム」と「ISOのマネジメントシステム」を別々に構築してしまうと、新たなマネジメントシステムを構築するたびに、管理するシステムが増えてしまいます。LRQAの「ビジネス アシュアランス」コンセプトでは、組織のビジネス・マネジメントシステムの中で、それを補強するものとしてISOを活用する形を目指します。そのため、業務を効率化し、大きな効果が生み出せるのです。

ビジネス・マネジメントシステムとISOマネジメントシステムの融合

(掲載日:2011年10月18日)
   

関連コラム一覧 <開く>

コラム

全てのコラムを表示

【環境】ISO 14001 改定 <DIS発行>(3):LRQAの視点-変更点は何か?

ISO 14001:2004 年版の多くのユーザーにとって新しいと思われる上記事項に加えて、現行の要求事項には、その他多くの表現変更があります。これらの変更はしばしば、特定の箇条の意図を明確にするか、あるいは、不明確な要求事項をより明確にしたものです。

【環境/検証/CSR】環境への対応力が“経営力”を左右する - 環境経営を戦略的に行うことが勝ち残りのカギ

ISO 14001により環境経営の基盤をつくり、その成果として環境リスクを減らし、経営力を向上させたら、そのパフォーマンスを検証して情報開示をしていく。こうした戦略的な環境経営を行っていくことで、社会的な認知度を高め、経営基盤もより磐石なものになり、健全に発展していくことができます。

規格改定関連ニュース検索方法のご案内 <開く>

規格改定関連ニュース検索方法のご案内

規格改訂関連ニュースフィルター「ニュース一覧」では、規格改定情報のみを絞込み、ご参照いただけます。

  • ニュース一覧ページを開きます。
  • 右記のようなフィルター画面が表示されますので、[トピック]⇒[ISO 規格改定最新情報]を選択します。
  • [ISO 規格改定最新情報] のニュース一覧が表示されます。

[ISO 規格改定最新情報]を選択後には、[規格]など、さらに検索を行うことができます。 

リンク: ニュース一覧


お問合せ

ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド
LRQA ジャパン
マーケティング チーム  
Tel: 045-670-7447 Fax: 045-682-5289 
E-mail:   LRQA-Japan-Marketing@lrqa.com