【食品安全】目前に迫る「HACCP」の義務化、一刻も早い取り組みが不可欠

食品安全事件が頻発し、消費者から厳しい目が向けられる中、厚生労働省はHACCP の義務化を見据えて動き出し、食品事業者はHACCP 導入が不可欠になりつつあります。

そこで今回は、HACCP 支援法の改正作業に携わったLRQA ジャパン事業開発部門 食品事業開発担当部長 今城 敏が、HACCP の有効性や導入時の課題を徹底解説いたします。

  • 厚生労働省により加速する「HACCP義務化」への動き
  • HACCP導入の前提となる一般的衛生管理プログラム
  • 食品製造の衛生的な管理システムHACCPの導入にあたっての重要課題
  • 組織の土台づくり FSSC 22000導入で骨太な組織となりビジネス拡大へ


全文は、PDFファイルをご参照ください。


掲載日:2015年09月30日

お問合せ

ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド
LRQA ジャパン
マーケティング チーム  
Tel: 045-670-7447 Fax: 045-682-5289 
E-mail:   LRQA-Japan-Marketing@lrqa.com