【自動車機能安全】ISO 26262 - プロフェッショナルが集結して機能安全への視点を徹底解説

~ ISO 26262 に準拠するためにまずすべきこと~

自動ブレーキや自律走行システムなど、自動車機構における電気・電子システムの役割が拡大する中で、各アセットメーカーやパーツメーカーもISO 26262(自動車向け機能安全マネジメントシステム)への関心を高めています。このニーズに応え、LRQA ジャパンでは、機能安全のエキスパートがISO 26262 への準拠に求められる視点を解説する「自動車機能安全セミナー2015 春」を開催しました。

  • ISO 26262準拠へのスタンスを専門的・実践的な視点から解説
  • 各専門領域のプロフェッショナルが機能安全性の向上を包括的に支援
  • プロフェッショナルを集めた協業体制
  • ISO 26262 の構成
  • ISO/TS 16949とISO 26262との比較


全文は、PDFファイルをご参照ください。


掲載日:2015年09月30日

お問合せ

ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド
LRQA ジャパン
マーケティング チーム  
Tel: 045-670-7447 Fax: 045-682-5289 
E-mail:   LRQA-Japan-Marketing@lrqa.com