【LRQAお知らせ】すべてはお客様のビジネスを活性化していただくために

LRQA マネジメントシステム 前ディレクター イアン・ホジキンソン Ian HodgskinsonLRQA マネジメントシステム 前ディレクター
イアン・ホジキンソン
Ian Hodgskinson


ISO 9001へのご期待にお応えしつづけるために ハイクオリティ、最先端の審査サービスをご提供。

これまでISO 9001は世界的に大きく普及してきました。しかし、必ずしも効果的に運用していない、その成果に満足していない、という企業も多いようです。マネジメントシステムには、ふたつの考え方があります。ひとつは、規格の要求事項を満たしているかを審査するという考え方。そして、もうひとつが、システムを活用して、ビジネスを活性化させようという考え方です。

ISO 9001の成果に満足していない企業が多いのは、審査の際に単に質問リストの中から選んだ質問をしてイエス・ノーを書き留めるような、規格の適合性だけを審査している審査機関が多かったからではないでしょうか。これに対して、私たちは、これまで企業のニーズ、現場の状況に沿って規格要求事項をカスタマイズして解釈し、より大きな改善効果、ビジネスの活性化につながる高品質な審査サービスを提供してきました。

さらに現在、ISO 9001などの定期審査の意義が問われる中で、より具体的な改善効果を実感していただくために、LRQA独自の新定期審査 “FABIK”をスタートいたしました。新定期審査“FABIK”では、お客様が直面している課題を共有化しながら審査を行っていくことで、課題解決につなげていただけます。これによって、マネジメントシステムの明確な成果を得て、お客様のビジネスがさらに大きく活性化していくことを実感していただけるものと確信しております。

環境時代に高い競争力を得ていただくために 環境経営を統合的にサポート

ISO 14001 が誕生して10年以上が経ちますが、日本は現在、その認証取得数が世界でNO.1となっています。環境問題が世界的な関心事になる中で、この分野で不祥事が起こることに不安を感じる企業も多いようですが、ISO 14001は環境リスクを管理していくための最善の方法です。まだISO 9001しか認証取得していないというお客様は、ISO 14001を活用されることをおすすめいたします。

また、現在、各企業で積極的に温室効果ガス削減への取り組みが進み、排出量も公表される中で、この排出量の信頼性が問われるようになってきています。また、環境のみならず、企業の経済的、社会的責任を果たすことを社内外にアピールするCSRレポートが大手企業を中心に続々と発行されています。こうした温室効果ガス排出量やCSRレポートの信頼性を高めるために、私たちロイドレジスターグループで長年に亘り培ってきたノウハウ、実績によって、よりクオリティの高い検証を提供することができます。ぜひ、ビジネスの信頼性を高めるために、こうしたサービスもご活用ください。

事業継続や労働安全衛生などの リスクマネジメントも的確にサポート

マネジメントシステム規格は、ISO 9001、ISO 14001以外にも、食品安全、ITサービス、自動車産業など、様々なものがあります。ISO 9001 をベースに、こうしたシステムを組み合わせることで、ビジネスをさらに活性化していくことができるでしょう。しかし、どう統合すべきかが重要となっています。LRQAでは、審査員の質をさらに高め、統合マネジメントシステムの確立を目指してサポートしていきます。

また、昨今、世界的に事業継続の問題が大きな注目を集めています。イギリスでは、BS 25999(事業継続マネジメントシステム)として、規格化されました。日本でもこの分野への関心が高まっている中で、私たちはいち早くBS 25999の審査サービスを提供してきました。事業継続マネジメントシステムというのは、単に適合性を求めるのではなく、その状況が適切かどうか、審査員が分析していかなければなりません。LRQAの高度なスキルを持つ審査員であれば、こうしたアセスメントのレベルを上げることで、より抜けの少ない事業継続の仕組みづくりをサポートすることができるのです。

また、労働安全衛生マネジメントシステム(OHSAS 18001)も注目されています。万が一、事故が起きた場合、企業にとって大きな損失となるからです。こうした労働安全のリスク管理を行っていくためにも、私たちの高い審査スキルをお役立ていただけるものと考えております。

変革の時代を迎えている今、私たちLRQAもお客様のニーズに合わせて変革し、時代のニーズに合致した、最先端かつクオリティの高いサービスを提供していきたいと考えております。今後とも、LRQAジャパンをご愛顧いただきますよう、お願い申し上げます。


事業継続や労働安全衛生などの リスクマネジメントも的確にサポート


Focused Assessment Business Issues and Kaizen

新定期審査FABIKとは?

これまでの定期審査をより進化させたのが、新定期審査"FABIK"。経営層の方との話し合いで組織が抱えている マネジメントシステム上の課題を抽出して、課題解決の該当業務システムだけに焦点を当てて審査いたします。その ため、経営者の方が考える重要な課題を解決でき、より具体的な改善効果、メリットを得ていただくことができます。


お問合せ

ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド
LRQA ジャパン
マーケティング チーム  
Tel: 045-670-7447 Fax: 045-682-5289 
E-mail:   LRQA-Japan-Marketing@lrqa.com