【イベントサステナビリティ】ロンドン五輪実行委員会が、2012年交通整備計画に対して、新たな持続可能性マネジメントシステム規格認証を取得

ロンドン五輪実行委員会(ODA)が、2012年ロンドン五輪に向けた交通整備計画に対して、持続可能なイベントマネジメントの英国規格(BS 8901:2009)の適合性を認められ、2009年に制定されたこの規格で認証を受けた、初の団体のひとつになりました。規格審査の評価では、2012年交通整備計画は、将来の大型イベント計画の「手本となるもの」であることが認められている。

英国規格「イベントの持続可能性マネジメントシステム」は、大型イベントの計画に、新たに持続可能性を基本原理とする基準を設けるために作成されたものである。ODAは、2012年五輪に向けた交通整備計画について、認証機関ロイド・レジスター・クオリティ・アシュアランス(LRQA)の一連の評価を受け、この新しい持続可能性規格の認証を受ける最初の団体のひとつとなった。

ODAの2012年交通整備計画には、来場者に、公共の交通機関や徒歩、自転車による競技会場への移動を促し、持続可能な五輪を実現しようとするとともに、五輪の影響力を生かして、大型イベント計画のあり方に変化を起こそうとする強い姿勢がうかがえる。ODAはそのために、交通機関との協力や、ロンドンの交通網にさまざまな改善を施したりすることによって、公共の交通機関や徒歩、自転車が、来場者の競技会場への移動手段として、より魅力的なものとなるようにしている。

ODAは、この持続可能性規格BS 8901を満たす上で、さらなる交通インフラの建設への低炭素コンクリートの使用や各種低炭素技術の採用など、人の移動によっておき得る炭素排出の削減方法も模索している。また、インフラや情報システムを改善することによって、交通手段のアクセシビリティやバリアフリー度の向上も、持続可能なイベントにするためのひとつの目的としている。

ODAのHugh Sumner交通部長は、次のように語っている。「この持続可能性規格に適合していることを最初に認められたことは、大変大きなことであり、このことは、私たちの2012年交通整備計画が新たな目安となり、将来の大型イベント計画にとって重要な見本となることを示しています。五輪や今後のイベントのために、私たちが、今、しておかねばならない交通の改善策は、本年末までに完成する予定です。そして、ありがたいことに、今回の認証では、私たちが詳細な運営計画に入っていく段階まで順調に進んできたことを認めてもらえました。」

ロンドン五輪 ISO 20121を取得

ロイド・レジスター・グループCEOのRichard Sadlerは、次のように語った。「ODAは、今回の評価を通して、2012年ロンドン五輪のための交通整備に伴う重要な持続可能性上の問題を管理し、改善していこうとする強い姿勢を示しました。この規格を満たしていることは、ODAが、2012年ロンドン五輪の来場者の移動による社会や環境、そして経済に及ぼす(問題となるような)影響を緩和しようという強い決意を持っていることをはっきりと示している」

英国規格「イベントの持続可能性マネジメントシステム」の認証書は、本日、LRQAからODAに手渡された。

ODAは、五輪閉幕後も、長くロンドンに恩恵となって残る交通インフラの改善計画を進めている。これまでに完成している工事は、以下のとおりである。

  • Orient Way地区に、列車12本を収容できる車庫を新設
  • North London線に、これまでDLR(ドックランズ・ライト・レイルウェイ)で使用されてきた低いプラットホームに代わるふたつのプラットホームを新設
  • DLRで、共同出資して購入した22両の新規車両の最初の車両を運行
  • Stratford International駅に、Stratford Regional駅との間を歩いて行き来する距離を短縮するEastern Egress陸橋を新設
  • テムズ川南岸のWoolwich Arsenalの射撃会場への交通の便をよくするために、DLRで2番目になる川底トンネルを2009年2月に開通
  • DLRのStratford International駅への延伸工事は順調に進行中で、2010年7月に開業予定
  • Stratford Regional駅の乗降客は、すでに新設エレベータ3機と拡張された階段を利用。上階に設けられる新しい駅の入口と都心へ向かうCentral線のホームは、いずれも2010年末に完成予定
  • 1100万ポンドを出資して、ロンドン東部 の自転車道の整備工事を開始
  • 大会日程など、運営計画は作成中

お問合せ

ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド
LRQA ジャパン
マーケティング チーム  
Tel: 045-670-7447 Fax: 045-682-5289 
E-mail:   LRQA-Japan-Marketing@lrqa.com