【検証】カーボン・ポジティブの炭素放出マネジメントプログラムを検証

海事の炭素放出マネジメントサービス会社であるカーボン・ポジティブ社は、Carbon Positive Programme for Ships (CPPS)「船の炭素放出を測定・減少・オフセットのプログラム」に参加している船のデータの独立検証について、ロイドレジスターとの合意書に調印しました。 

ロイドレジスターのLRQA マリーン・ビジネス・センター・マネジャーStavros Meidanisは次のように述べています。  「更なる規制が想定される現在、サステナビリティーは、ビジネスの成功に於いてますます重要になっています。我々は、海運業界にとって重要であるベストプラクティスパラメータ内の炭素排出量を測定、監視し、透明性の確保に貢献します。」

続きはこちら。(英文)


お問合せ

ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド
LRQA ジャパン
マーケティング チーム  
Tel: 045-670-7447 Fax: 045-682-5289 
E-mail:   LRQA-Japan-Marketing@lrqa.com