【検証】航空業界、グローバル排出権取引制度に一歩近づく

Madlen King (LRQA 気候変動およびサステナビリティーグローバルマネジャー)

国際航空運送協会(IATA)は、2020年からの国際航路の温室効果ガス排出量管理措置への同意を政府に求めています。  IATAは、オフセット付き排出権取引のような単一の世界市場メカニズムが解決策となり得ることに合意しました。  この展開は、航空業界のEU域内排出量取引制度(EU-ETS)への取り込みに対するアメリカ合衆国および中国政府の異議に応じたものです。



Aviation Industry One Step Closer to Global ETS

5th June 2013 by Madlen King

The International Air Transport Association (IATA) has called for governments to agree on measures to manage GHG emissions from global air travel from 2020. IATA agreed that a single global market-based mechanism such as emissions trading with offsets could be the solution. This development is in response to the objections posed by US and Chinese governments to the inclusion of the aviation industry into the EU regional ETS.
Full article


お問合せ/Enquiries

ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド 
Lloyd's Register Quality Assurance Limited 

マーケティング チーム   
Marketing Team  

Tel: 045-682-5280  Fax:  045-682-5289 
E-mail:   LRQA-Japan-Marketing@lrqa.com