【CSR】LRQA ジャパン 冨田秀実、 8月6日 大阪開催「GRI G4にどう備えるか」セミナー講師として参加

2013年8月6日(火) 大阪にて、株式会社環境管理会計研究所様、株式会社シータス&ゼネラルプレス様共催「GRI G4にどう備えるか~CSR報告をめぐる最新動向~」セミナーが行われます。本セミナーでは、LRQA ジャパン経営企画・マーケティンググループ 統括部長 冨田 秀実が講師を務め、「GRI G4の内容と重要なポイントの解説及びCSR報告をめぐる最新動向」について解説いたします。 


【日時】2013年8月6日(火) 13:30~16:00 (受付13:10~) 

【会場】神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ 
     大阪市北区鶴野町梅田ゲートタワー8階
       http://www.b.kobe-u.ac.jp/ilabo/access.html

【主催】(株)環境管理会計研究所/(株)シータス&ゼネラルプレス 
【資料代】2000円
【定員】 70名 
【プログラム】 

13:30  ご講演 「GRI G4の内容と重要なポイントの解説及びCSR報告をめぐる最新動向」 
     冨田 秀実 (LRQA ジャパン 経営企画・マーケティンググループ 統括部長) 

14:50  会場ディスカッション   
    冨田 秀実、
      梨岡 英理子様(株式会社環境管理会計研究所代表取締役 公認会計士・税理士)
      モデレーター : 山吹善彦様
            (株式会社シータス&ゼネラルプレス コーポレートコミュニケーション部長)  

16:00  終了  


◆セミナーの問い合わせ 株式会社シータス&ゼネラルプレスCSR革新室 中尾様 

  email:info@c-gp.com tel:06-6443-0560 



講師のご紹介

冨田 秀実冨田 秀実
LRQA ジャパン 経営企画・マーケティンググループ 統括部長  

ソニー株式会社にてCSR部発足当初から統括部長を約10年務める。 
ISO 26000(社会的責任)に関するワーキンググループでは、コミュニケーションを担当するタスクグループの座長に就任、規格策定後は、ISO 26000 PPO-SAGのメンバーとして活動。
GRI本部の技術諮問委員会(TAC)委員、G4マルチステークホルダー委員会委員長に就任。
環境省の環境コミュニケーション規格に関する研究会委員。  また、CDP(カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)のアドバイザリーボードのメンバーも歴任。

関連規格一覧

全規格を表示

CSRレポート第三者検証・保証

CSR報告書の信頼性の向上のため、第三者保証は、ますます重要になってきています。LRQAは、その海外での認知度の高さのみならず、グローバルに報告書の検証の長年の実績をもち、数値の正確性だけでなく、業務の改善に役に立つ検証を提供しています。

GRI G4 CSR報告書

LRQAでは、貴社のサステナビリティレポート(CSR報告書)の作成に役立つ各種サービスを提供しています。GRI G4に準拠した教育研修、ギャップ分析、マテリアリティ評価、外部保証サービスをご提供いたします。

ISO 26000 社会的責任

LRQAでは、貴社の取り組みが、ISO 26000の期待に対し、何が足りないのか、どう改善すべきなのかについて、第三者の観点から評価し、レビューを行う「ISO 26000ギャップ評価サービス」を提供しています。

サプライチェーンCSR 二者監査

この分野で長年の経験を持つ監査員を要し、二者監査、監査員教育、サプライチェーンマネジメント構築支援など、サプライチェーン関係の幅広いご要望にお答えします。


お問合せ

ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド
LRQA ジャパン
マーケティング チーム  
Tel: 045-670-7447 Fax: 045-682-5289 
E-mail:   LRQA-Japan-Marketing@lrqa.com