【ISO全般】ISO国際標準化機構 2012年調査結果公表

ISO国際標準化機構は、2012年の世界のISO規格認証状況に関する調査をまとめ発表しました。

日本の認証状況においては、ISO 9001品質マネジメントシステムが2006年、ISO 14001環境マネジメントシステムが2009年を頭打ちとして件数が減少している一方、2006年以降ISO/IEC 27001 情報セキュリティマネジメントシステムは、年々認証件数が増加しており、2012年は全体で19,577件中、日本は7,199件と、上位10カ国中最多の1位となりました。2位はアメリカの1,701件。

また、ISO 14001:2004環境マネジメントシステムにおいては、減少傾向にあるものの全体の336,952件中、日本は27,774件と上位10カ国中の2位であり、1位は中国の91,590件でした。

一方、認証件数ではなく、増加率を見た場合、ISO 22000食品安全全マネジメントシステムでは、認証件数増加率においては、日本は250件増と第3位でした。1位は、1702件増の中国。2位はルーマニアの313件。

 

詳細データは、ISO国際標準化機構ホームページよりダウンロード可能です。
http://www.iso.org/iso/home/standards/certification/iso-survey.htm 


お問合せ

ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド
LRQA ジャパン
マーケティング チーム  
Tel: 045-670-7447 Fax: 045-682-5289 
E-mail:   LRQA-Japan-Marketing@lrqa.com