【労働安全/環境】LRQAが参加するISO規格改定作業で大きな前進――ISO 45001(労働安全衛生)の規格作成がPC283で決議、ISO 14001(環境)の委員会草案(CD2)も発表

先日、現在改定が進められているISOの規格改定プロセスでふたつの大きな進展がありました。

ロンドンで開かれていたISOのPC(プロジェクト委員会)283の会合で、世界中で認知・導入されている労働安全衛生の英国規格OHSAS 18001に基づくISO規格(ISO 45001になる予定)を開発するための新規業務項目提案が可決されたのを受け、ISO/PC283ワーキンググループ1(WG1)が設立されました。


会議は10月21~25日にロンドンで50の組織が参加して行われました。PC283の主な成果のひとつは、労働安全衛生(OHS)マネジメントシステムの要求事項に関する新たな規格、ISO 45001の第1次作業原案(WD1)をワーキンググループに向けて近々発表するとの合意がなされたことです。

IIOC(独立国際審査登録機関機構)の代表としてこのPC283に参加したSteve Williamsは、次のように話しています。

「大きな進展のひとつはプロジェクト委員会からISOの技術管理評議会(TMB)に対して、委員会の活動範囲を広げて国際環境規格ISO 14001と附属書Aを作成したときと同様に、ISO 45001への盛り込みにガイダンス作成を含めることを求める決議がなされた点です。私たちの規格開発上の専門作業は、TMBの全体的な管理のもとで行われています。TMBは、ISO理事会に報告を行いますが、その役割は、組織の規則に定められています」

とりわけ、TMBは各種専門委員会(TC)の設立、TC委員長の任命、専門作業の進捗の監視などを担当しています。また、本質的に国際規格開発の規則となっている指令も担当しており、専門委員会の活動の戦略的立案、調整、成果、監視などの問題すべてに対処しています。

Williamsはまた、「大筋としてはこの文書について、開発期間を3年として、2014年5月までに委員会草案(CD)、2015年2月に国際規格草案(DIS)、2016年3月に国際規格最終案(FDIS)を発表し、最終的には2016年9~10月に完成した規格を発表するというプロジェクトの計画がまとまった」ことを認めています。

現在のところ、これらの時期はきわめて流動的で、各段階の作業が計画通り完了するかによって大きく変動してきます。「DISができれば、ISO/CASCO(適合性評価)委員会に対し、(認証機関を規定する規格である)ISO 17021シリーズとしてOHS監査の力量に関する規格の作成を求める決議が行われることが考えられます」とWilliamsは話しています。ISO/CASCO委員会は、適合性評価に焦点を当てた専門委員会で、以下のような業務を担当しています。

  • 製品、プロセス、サービス、マネジメントシステムの該当規格その他の技術的仕様への適合性評価の手段の検討。

  • 製品、プロセス、サービスの試験、検査、認証の実施、マネジメントシステム、試験所、検査機関、認証機関、認定機関の評価ならびにそれらの運営・承認に関する国際的な指針や国際規格の作成

  • 国・地域の適合性評価システム相互の認知と承認、ならびに試験、検査、認証、審査、およびそれらに関連する目的への国際規格の適切な適用の促進。

もっとも、ISO 45001の作業も、この新しい規格がISO 9001(品質)およびISO 14001(環境)と統一がとれるように(共通の文言や構造を定めた)附属書SLの要求事項に従うことになるのは明らかです(どちらの規格も現在改定中)。次回のPC283 WG1の会合は2014年3月24~28日に開かれる予定です。


もうひとつの進展は10月23日(水)にISO 14001の委員会草案2(CD2)が発表されたことです。こちらは現在、3か月間の投票期間に入っています。このプロセスの詳細は、こちらでご覧になれます。Steve WilliamsはこのISO 14001のワーキンググループ(TC 207/SC1 WG5)にもIIOCの代表として参加しています。

ISO規格の改定に関する詳しい情報は、以下でご覧になれます。
www.lrqa.com/isostandardsupdate.

Twitter

@LRQA_BA



LinkedIn



www.linkedin.com/company/lrqa




LRQA sees major progress in ISO Standards Revisions; ISO 45001 (Health & Safety) PC 283 meeting outputs and ISO 14001 (Environmental) CD2 published

The past week has seen two significant developments in relation to the on-going ISO Standards Revision process and LRQA’s Deputy Technical Director Steve Williams, played a key role in both of these.

Firstly, the meeting of ISO Meeting PC 283 concluded at the end of last week in London. ISO Project Committee (PC) 283 Working Group 1 (WG1) has been established as a result of the positive vote on the new work proposal for the development of an ISO standard (to be known as ISO 45001) built upon OHSAS 18001 - the internationally-recognised and adopted British Standard for Occupational Health and Safety.

The meeting took place in London between 21-25 October and involved 50 organisations. One of the key outputs from PC 283 is agreement on the upcoming publication to the Working Group of the first Working Draft of the new ISO 45001 on Occupational Health & Safety (OHS) Management System Requirements.

Steve Williams attended PC 283 as a representative of IIOC. “One of the key points to emerge was a resolution from the committee to go to the ISO TMB to extend the scope of the Project Committee to include the development of guidance for incorporation into the document in a similar way to the process that was undertaken for international environmental standard ISO 14001 and Annex A,” explained Williams. “Our technical work in the development of standards is carried out under the overall management of the Technical Management Board (TMB). The Technical Management Board reports to the ISO Council and its role is defined in the statutes of the organisation.”

Specifically, the TMB is responsible for tasks such as setting up the various technical committees (TC), appointing TC chairs and monitoring the progress of the technical work. It is also responsible for the Directives, which are essentially the rules for the development of International Standards, and it deals with all matters of strategic planning, coordination, performance and monitoring of technical committee activities.

Williams also confirmed that “an outline project plan has been produced for the document based on a 3 year development period, which will aim for the first Committee Draft (CD) to be published by May 2014, the Draft International Standard (DIS) to be published in February 2015, the Final Draft International Standard (FDIS) to be published March 2016 and publication of the full standard in Sept-Oct 2016.”

Clearly these dates are very provisional at this time and are very dependent upon the work being completed on each of the phases in accordance with the plan. “What is likely is that once the DIS is produced there will be a resolution put to ISO/CASCO to produce an ISO 17021 (the standard that governs certification bodies) series standard on OHS audit competence,” concluded Williams. The ISO/CASCO Committee is the technical committee focused on conformity assessment. Its scope includes:

  • To study means of assessing the conformity of products, processes, services and management systems to appropriate standards or other technical specifications.
  • To prepare international guides and International Standards relating to the practice of testing, inspection and certification of products, processes and services, and to the assessment of management systems, testing laboratories, inspection bodies, certification bodies, accreditation bodies and their operation and acceptance.
  • To promote mutual recognition and acceptance of national and regional conformity assessment systems, and the appropriate use of International Standards for testing, inspection, certification, assessment and related purposes.

What is clear though is that the work on ISO 45001 will follow the requirements of Annex SL (common text and structure) so as to align this new standard with ISO 9001 (quality) and ISO 14001 (environmental) – both of which are going through the revision process. The next PC 283 WG1 meeting will take place 24-28 March 2014.

Secondly, Wednesday 23rd October saw the issuance of Committee Draft 2 (CD2) for ISO 14001, which has now entered a three month balloting period; more on this process can be read here. Steve Williams is a member of the ISO 14001 Working Group (TC 207/SC1 WG5), again representing the IIOC.

Further information about the ISO Standard Revisions is available at
www.lrqa.com/isostandardsupdate.

Twitter

@LRQA_BA



LinkedIn



www.linkedin.com/company/lrqa

規格改定関連ニュース検索方法のご案内 <開く>

規格改定関連ニュース検索方法のご案内

規格改訂関連ニュースフィルター「ニュース一覧」では、規格改定情報のみを絞込み、ご参照いただけます。

  • ニュース一覧ページを開きます。
  • 右記のようなフィルター画面が表示されますので、[トピック]⇒[ISO 規格改定最新情報]を選択します。
  • [ISO 規格改定最新情報] のニュース一覧が表示されます。

[ISO 規格改定最新情報]を選択後には、[規格]など、さらに検索を行うことができます。 

リンク: ニュース一覧


お問合せ/Enquiries

ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド 
Lloyd's Register Quality Assurance Limited 

マーケティング チーム   
Marketing Team  

Tel: 045-682-5280  Fax:  045-682-5289 
E-mail:   LRQA-Japan-Marketing@lrqa.com