【検証】インド国立証券取引所のウォーター・フットプリントを検証

LRQAは、ムンバイにあるインド国立証券取引所(NSEIL)の間接部門におけるウォーター・フットプリントの検証業務を完了しました。

エマージェント・ベンチャーズ・インディア(EVI:Emergent Ventures India)社からの委託を受け、LRQAは、グリーン・ウォーター・フットプリント(雨水のうち作物に取り込まれた量および土壌中に蓄えられた量)、ブルー・ウォーター・フットプリント(表流水や地下水が消費された量)、グレー・ウォーター・フットプリント(排水を環境水質基準まで希釈するのに必要な水の量)を含む、同社のマネジメントによって作成されたウォーター・フットプリントを検証しました。

検証には以下が含まれます。

  • ムンバイのExchange PlazaにあるNSEILの施設の視察。水の消費データおよび記録の管理に関する手続きのレビュー
  • 水の消費データや情報の管理およびウォーター・フットプリント作成を担当する代表者へのインタビュー
  • (監査証跡の一部として)データの抽出および2012-13会計年度の集計時まで遡ってのデータの追跡調査
  • ウォーター・フットプリントに含まれる2012-13会計年度の水の消費データおよび情報の検証

LRQAの検証人は、ウォーター・フットプリントに示されている水の消費データおよび情報が重要性の観点から正確でないと示唆するものは見つからなかったと結論付けました。

同時に検証人は、NSEILは、引き続き水の消費データを収集、計算、報告するシステムと手続きを進歩させるべきであり、とりわけ、品質保証・品質管理(QA/QC)の見直しを含め、公共下水道システムへ放出される下水を監視する正式な手続きの実施、全水量計の目盛の記録の管理、NSEILが管理するすべての施設および建物への報告範囲の拡大に力を注ぐべきだとの推奨意見を提示しています。




LRQA VERIFIES NATIONAL STOCK EXCHANGE OF INDIA ‘WATER FOOTPRINT’


LRQA has successfully completed an assurance engagement on the Overhead Operational Water Footprint of the National Stock Exchange of India Limited (NSEIL) in Mumbai.

Commissioned by Emergent Ventures India (EVI), LRQA verified the Water Footprint prepared by the management, including the green water footprint, blue water footprint and grey water footprint as defined in The Water Footprint Assessment Manual published by the Water Footprint Network.

The verification engagement included:

  • A site tour of the NSEIL facility at Exchange Plaza, Mumbai, and a review of processes related to the management of water consumption data and records. 
  • Interviews with key personnel responsible for the management of water consumption data and information, and for the preparation of the water footprint.
  • Sampling of datasets - as part of audit trails - and tracing data back to aggregated levels for the financial year 2012-13.
  • Verification of the water consumption data and information for the financial year 2012-13 included in the Water Footprint.  

The LRQA verifier concluded that nothing had come to light to suggest that the water consumption data and information presented in the Water Footprint were not materially correct.

However, it was recommended that NSEIL should continue to develop its systems and processes for collecting, calculating, and reporting water consumption data, in particular focusing on the implementation of a formal procedure for monitoring sewage water discharged to the public sewerage system, including a QA/QC review; the maintenance of records of the calibration of all water meters; and expansion of the scope of reporting to all the facilities and buildings under NSEIL control.


お問合せ/Enquiries

ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド 
Lloyd's Register Quality Assurance Limited 

マーケティング チーム   
Marketing Team  

Tel: 045-682-5280  Fax:  045-682-5289 
E-mail:   LRQA-Japan-Marketing@lrqa.com