【情報セキュリティ】お客様へのお知らせ JIS Q 27001:2014発行とISO/IEC 27001:2005 から ISO/IEC 27001:2013 への移行審査について

2014年3月20日、セキュリティマネジメントシステムの要求事項の邦訳版 JIS Q 27001:2014が発行されました。移行審査について、改めてご連絡いたします。

ISO/IEC 27001:2013が発行されました

2013年10月1日に情報セキュリティマネジメントシステムの要求事項の改定版であるISO/IEC 27001:2013が発行されました。同時に管理策の実践のための規範も改定版であるISO/IEC 27002:2013が発行されました。さらに2014年1月には、これらの規格に使用されている用語を定義したISO/IEC 27000:2014も発行されました。ISO/IEC 27001:2005にて認証を受けているお客様は、2015年10月1日までの2年以内に、この改定版ISO/IEC 27001:2013への移行が求められています。



2014年1月15日にLRQA ジャパンはJIPDEC移行認定を取得しました

お客様は、いつでも移行審査を受審していただくことが出来ます。ただしLRQA-英国本社では、UKAS認定の作業中です。したがって現時点で移行審査を受審していただき、移行に問題がないと判定されたお客様に発行する登録証は、JIPDECマークのみの表記になります。もちろんUKAS認定作業の終了後には追加の移行審査は不要、かつ無償でISO/IEC 27001:2013・JIS Q 27001:2014かつUKAS&JIPDECマーク付きの登録証と差し換えさせていただきます。JIS Q 27001:2014の発行は2014年3月20日ですが、2015年10月1日までの2年以内という移行期間は変わりません。


移行期間中であれば、いつでも受審可能です

基本的には移行期間内に到来する定期審査あるいは更新審査のいずれかに含めて移行審査を受審してください。どの時点の審査を選択するかはお客様に委ねられています。移行審査だけを単独で受審することも可能ですが、別途費用が発生しますので定期審査あるいは更新審査時の受審をお勧めします。プランニングチームあるいは営業担当者に移行審査を受審する旨をお伝えいただければ、担当審査員を決定し、移行審査チェックリストをお送りします。このチェックリストの回答を担当審査員に提出してください。担当審査員は、チェックリストの回答内容から審査時間を見積もり、審査計画を作成します。移行審査は、提出していただいたチェックリストに記述されたお客様のマネジメントシステム文書と選択された管理策の運用状況をもとに実施します。


ご連絡ください

移行期間内に到来する定期審査、更新審査のいずれの審査時でも移行審査は受審可能ですが、どこで受審しようか悩まれる場合もあるでしょう。また適用宣言書を含む社内文書の改定、内部監査の実施等どうしても受審までの準備作業は発生します。
なにかご質問がありましたら遠慮なく、LRQA横浜事務所までご連絡ください。

規格改定関連ニュース検索方法のご案内 <開く>

規格改定関連ニュース検索方法のご案内

規格改訂関連ニュースフィルター「ニュース一覧」では、規格改定情報のみを絞込み、ご参照いただけます。

  • ニュース一覧ページを開きます。
  • 右記のようなフィルター画面が表示されますので、[トピック]⇒[ISO 規格改定最新情報]を選択します。
  • [ISO 規格改定最新情報] のニュース一覧が表示されます。

[ISO 規格改定最新情報]を選択後には、[規格]など、さらに検索を行うことができます。 

リンク: ニュース一覧


お問合せ

ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド
LRQA ジャパン 
営業グループ 
  Tel:  045-682-5280   E-mail:    LRQA-Japan-Sales@lrqa.com 
プランニングチーム
  Tel:  045-682-5290   E-mail:    LRQA-Japan-Planning@lrqa.com