【検証】平成26年度ASSET(アセット)事業参加事業者公募開始 (環境省)

環境省ASSET(アセット)事業とは、CO2排出抑制に資する設備の導入と運用改善努力により参加各事業者のCO2削減を図るとともに、優良事例を広く共有することを目的とした事業です。設備導入の補助金として、導入費用の3分の1が国から補助されます。 参加事業者は、本事業上の「先進技術設備」を導入し、実施年度におけるCO2削減目標(基準年度比)を定めて、エネルギー使用量を元に各年度のCO2排出量を自ら算定したのち、制度検証機関の検証を受ける必要があります。また、設定した目標を達成するよう努力するとともに、もし未達成の場合には、他の参加者などからの排出量の取得(購入)が必要になります。
設備導入補助の予算額は以下の通りで、今年度まで対象範囲を拡大しながら大きな伸びを示しています。

平成24年度 約  6億円(業務部門のみ対象)
平成25年度 約11億円(業務部門に加え産業部門も対象)
平成26年度 約27億円(1件あたりの上限額が5千万円から2億円に増額)

参加事業者は、設備導入補助が受けられると共に、自社のエネルギー使用の削減、温室効果ガス排出量の適切な把握、報告が可能となり、コスト削減と企業イメージのアップなどの効果が期待できます。 


公募に関する詳細情報(環境省)

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=18099

申し込みスケジュール

  1. 4月25日公募受付開始
  2. 5月中旬 各地で説明会開催(詳細はリンク先参照)
  3. 5月26日公募締め切り

LRQAの実績

LRQAは、ASSET事業の登録検証機関として検証業務に携わっており、 前身のJVETS(国内排出量取引)制度と合わせ、これまで約40組織の基準年、削減年の検証実績がございます。
JVETS制度が始まった当初から検証に参加するなど、検証機関の中でも豊富な実績を誇ります。

関連リンク
LRQA ジャパン: 検証実績
LRQA ジャパン: ASSET 事業とは

本件に関するお問い合わせがございましたらこちらで承ります。

ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド 
LRQA ジャパン
ASSETプロジェクトチーム(担当:河村・西名)
Tel:045-682-5290