【食品安全】GFSI「食品偽装の軽減」に対する見解を示す政策方針書 日本語訳を発表

グローバル・フード・セーフティ・イニシアチブ(GFSI)は、7月15日発行のプレスリリース(英語)で発表した食品偽装の軽減」に対する見解を示した政策方針書の日本語訳を公開しました。 

GFSI理事会は食品偽装の軽減を、企業の食品安全マネジメントシステムの極めて重要な要素と見なしており、食品偽装の軽減に特化した新たな要求事項を2016年初めに発表予定のGFSIガイダンス・ド キュメント(改訂第7版)に盛り込むことを決定しています。GFSIガイダンス・ドキュメント(改訂第7版)では、企業に対して食品偽装脆弱性評価の実施と、評価を通じて確認された脆弱性を軽減するための食品偽装脆弱性コントロールプランの策定が明記されることになっています。 

また、改訂版が完成するまでの間、公衆衛生へのリスクが適切に管理・制御されるよう、GFSIは食品安 全マネジメ ントスキームオーナーや企業と連携して協働すると発表しています。

 政策方針書(日本語訳)はこちら


お問合せ

ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド
LRQA ジャパン
マーケティング チーム  
Tel: 045-670-7447 Fax: 045-682-5289 
E-mail:   LRQA-Japan-Marketing@lrqa.com