【食品安全】「FSSC 22000 食品安全規格」について講演。 -株式会社オーミック様にての入門研修会

「FSSC 22000は食品安全の品質管理システムをより強化するための国際規格で、ISO 22000の一部を具体化しています。食品安全マネジメントシステムの運用を支えるのは、一般的衛生管理プログラムで、これが機能しないとHACCPやISO 22000が効果を発揮しません。現在、食品業界では、国際的に、当該規格取得の導入・推進がなされており、さまざまな食品関連企業との取引において、当該規格取得の要求をされることが、今後増える傾向にあります。

9月24日に株式会社オーミック様は、お取引様を対象として、当該規格の背景や概念などを、最新情報を盛り込みながらご説明する研修会を企画されました。ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド (LRQA ジャパン)は、本研修会にご協力させていただきました。

LRQA 主任審査員・講師 西村直哉が、FSSC 22000の基本と要求事項のポイント、またISO 22000 の概念と主要素について講演しました。

この研修会には、株式会社オーミック様のお取引様である食品製造社だけではなく、食品用包材メーカー様や、様々なフィルム製造社・セットメーカー、ポンプ製造社など、約30名が参加されました。


LRQA 主任審査員・講師 西村直哉
西村直哉
LRQA 主任審査員・講師


酒類・飲料メーカー、加工食品メーカーなどに勤務し、品質管理、
生産管理、農場・仕入先管理、中国合弁会社経営などを経験。
現在は、LRQAにて ISO 9001、FSSC 22000の審査・顧客向けセミナー、
 トレーニング講師を行っている。


お問合せ

ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド
LRQA ジャパン
マーケティング チーム  
Tel: 045-670-7447 Fax: 045-682-5289 
E-mail:   LRQA-Japan-Marketing@lrqa.com