【食品安全】FSSC 22000 品質モジュールおよび認証スキーム第3.2版発行

2月26日、FSSC 22000はISO 9001:2008に準拠した食品品質マネジメントシステムの認証のための新たなモジュールであるFSSC 22000-Qを発表しました。
これにより組織は、FSSC 22000の監査を通じて、食品安全と品質マネジメントシステムの両認証の取得が可能となり、組織は食品安全に対する監査のみ、または、統合監査としてFSSC 22000にQMSモジュールを加えた監査のどちらかを選択することが出来るとのことです。 

また、FSSC 22000では、ISO/TS 22002-3:2011 「農業、畜産業、水産養殖業等」の食品安全のための前提条件プログラムに準拠した動物製品を含む新たな認証スキーム第3.2版も発行されています。

なお、このスコープは、畜産業、漁業、及び動物製品(牛乳、魚、卵、蜂蜜など)の一次生産場所に限定されています。

FSSC 22000のパート1第3.2版(認証を受けようとする組織に対する要求事項)では、水や土壌などの動物製品に関わる天然資源の管理、および、(動物製品も対象とする)食品防御、バイオビジランスとバイオテロリズムに関する要求事項が新たに追加されています。 

FSSC 22000品質モジュールと、認証スキーム第3.2版は、下記URLよりダウンロード可能です。 
New Quality Module and Animal Production Scope published today


お問合せ

ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド
LRQA ジャパン
マーケティング チーム  
Tel: 045-670-7447 Fax: 045-682-5289 
E-mail:   LRQA-Japan-Marketing@lrqa.com