【自動車機能安全】セミナーレポート:プロフェッショナルが集結して機能安全への視点を徹底解説 ~ISO 26262に準拠するためにまずすべきこと~

自動ブレーキや自律走行システムなど、自動車機構における電気・電子システムの役割が拡大する中で、各アセットメーカーやパーツメーカーもISO 26262(自動車向け機能安全マネジメントシステム)への関心を高めています。このニーズに応え、LRQA ジャパンでは、機能安全のエキスパートがISO 26262への準拠に求められる視点を解説する「自動車機能安全セミナー2015春」を開催しました。

ISO 26262準拠へのスタンスを専門的・実践的な視点から解説

2011年に制定されたISO 26262は、電気、電子およびソフトウェアコンポーネントで構成される安全関連システムの誤作動により生じるハザード(障害)に起因するリスクを回避するためのガイダンスを提供する規格です。自動車のライフサイクル全般にわたる機能安全を確保するために、ハザードおよびリスクへのアセスメント、プロセス管理などに関する要求事項が、Part 1から10までの箇条に分類されて構成されています。

LRQA ジャパンでは、ISO 26262の導入に取り組まれる自動車エンジニアの方々を支援するべく、各専門領域のプロフェッショナルを集めた協業体制を構築。ISO 26262全体をカバーし、より実践的な視野からISO 26262導入をサポートする「自動車機能安全セミナー2015春」を2015年4月17日、東京・自動車部品会館で開催しました。

セミナーの冒頭では、LRQA ジャパン 機能グループ・マネージャー 松土 達哉が開会の挨拶に続いて、ISO 26262「Part 2:機能安全管理」の要求事項に応えるために「トップが機能安全の必要性を理解し、妥当な意思決定をするために、機能安全準拠活動の意義や将来的なメリットなどの充分な判断材料を提供することが必要である。また、組織に良い安全文化を根付かせることも必要である。」と力説した。そのためにトップ向けセミナーを提供していると述べた。また、ISO 26262全体をカバーできるスペシャリストを集めた協業チームによって、お役様のより専門的で、より高度なご要望に対応できる体制であることをアピールさせて頂きました。

LRQA ジャパン機能安全グループ・マネジャー 松土 達哉

Part 3:コンセプトフェーズ
Part 4:製品開発/システムレベル
機能安全におけるMBDアプローチ

続いて、株式会社ヴィッツ 先進基盤技術部の大西 秀一氏から、ISO 26262「Part 3:コンセプトフェーズ」「Part 4:製品開発/システムレベル」に関連する「機能安全におけるMBD(モデルベース開発)アプローチ」の有効性について解説いただきました。

仮想パワースライドを用いた安全分析と自動FMEA(故障モード影響解析)環境の構築にMBDを用いた実例を示しながら「機能安全とは適切な安全ゴールの主張可能な達成であり、非破壊性・再現性・網羅性が求められる箇所でのエビデンス確保においてMBDアプローチは極めて有効」と解説されました。

株式会社ヴィッツ 大西 秀一氏

Part 6:製品開発/ソフトウェアレベル
機能安全を実証する技術・設計スキル

次に登壇した株式会社東陽テクニカの二上貴夫氏は、ISO 26262セミナーにおけるレギュラー・メンバーです。3月11日に開催された「JARI自動車安全機能カンファレンス2015」での解説を補足されるかたちで、ISO 26262「Part 6:製品開発/ソフトウェアレベル」への準拠において必要となるメカトロニクス開発の技術・設計スキルについて解説されました。

「機能安全を実証する組込みシステムを開発するためには、開発対象の機能・情報・状態を理解し、ドメインを分離して個々に開発した上で、全体を統合してシステムテストを実行する必要があります」(二上氏)

株式会社東陽テクニカ ソフトウェア・システム研究部長 二上 貴夫氏

Part 8:支援プロセス
構成・変更管理に有効なツールの導入

株式会社東陽テクニカ ソフトウェア・ソリューションの北條 哲氏からは、機能安全ソフトウェア開発に必要な環境の構築・運用を支援するツールの導入について詳細に解説いただきました。

ISO 26262「Part 8:支援プロセス」では、リスク分析の結果を客観的な証拠によって内外に示すことを求めており、そのために「安全プロセスの実施とレビューの徹底によりシステマチックに故障を押さえ込み、かつそのプロセスとレビュー結果をデータとして一元管理する認証ツールが非常に有効」との紹介に、来場者の高い関心が寄せられました。

株式会社東陽テクニカ 北條 哲氏

Part 5:製品開発/ハードウェアレベル
ハードウェア安全分析と故障検証

ISO 26262「Part 5:製品開発/ハードウェアレベル」で要求されている電子部品の偶発故障に対する危険度(以下、ASIL)に応じた故障率や検知率の達成に関しては、株式会社構造計画研究所の宮本 秀徳氏から、同社で実施したハードウェアの安全分析および故障率検証のプロセスをご紹介いただきました。

「ASIL目標を達成するためには、安全メカニズムの検知率やドライバーの認知率をも考慮した詳細な故障解析を行う必要があり、そのための適切なツール選択も求められますが、この過程がより安全で高い競争力を伴う自動車部品・製品の提供を実現します」(宮本氏)

株式会社構造計画研究所 宮本秀徳氏

Part 7:生産と適用
ISO/TS 16949との関連について

セミナーの最後に、LRQA ジャパン 機能安全スペシャリストの堂本 寿紀から、ISO 26262「Part 7:生産と適用」とISO/TS 16949(自動車産業向け品質マネジメントシステム)との関連について解説させていただきました。  ISO 26262「Part 7:生産と適用」の対応の影響は、場合によりPart 1~Part 6に影響を与え、ISO/TS 16949と同様の対応を必要とすること。

ISO/TS 16949が自動車生産全般にわたるQMS(品質マネジメントシステム)を規定するものであるのに対し、ISO 26262では、あくまで機能安全面を保証する要求事項を規定します。LRQA ジャパンでは、「既存の QMSの中に機能安全のシステムを組込んだQMSを構築する」という視点を確立しています。

機能安全への明確な方針を伴うQMSの構築は、自動車生産におけるライフサイクル的なコスト・工数の削減を実現しますので、この機会に既存のQMSにISO 26262に準拠したプロセスを組込んだQMSへの構築に取り組まれることをお勧めしています。

LRQA ジャパン機能安全スペシャリスト 堂本 寿紀

各専門領域のプロフェッショナルが機能安全性の向上を包括的に支援 

各専門領域のプロフェッショナルが機能安全確保のための視点とノウハウを公開した今回のセミナーは、LRQA ジャパンがISO 26262だけでなくISO/TS 16949やAutomotive SPICEも含めた幅広い視野から自動車機能安全向上をサポートする体制を整えていることを証明する機会ともなりました。

LRQA ジャパンでは、各専門領域のプロフェッショナルとともに、各種教育研修、アドバイザリー、二者監査、機能安全監査・審査を提供しています。皆様の組織に最適な機能安全確保に向けたご相談をお寄せください。

ISO 26262の構成

プロフェッショナルを集めた協業体制

ISO 26262とISO/TS 16949の比較

 

   


お問合せ

ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド
LRQA ジャパン
マーケティング チーム  
Tel: 045-670-7447 Fax: 045-682-5289 
E-mail:   LRQA-Japan-Marketing@lrqa.com