【食品安全】ISO 22000食品安全マネジメントシステム改定情報

先月、サプライチェーン全体を通じた新たな食品安全に関する要求を満たすため、ISO 22000改定作業を担うISO作業部会(ISO/TC 34/SC 17)の第4回会合がアルゼンチンのブエノスアイレスにて開催されました。

作業部会には、委員会原案(CD)について1000を超えるコメントが寄せられ、上位構造(HLS)と、附属書SLの適用及び運用やビジネスレベルリスク概念の拡大、PDCAサイクルの明確化、そしてCCPとOPRP、PRPの説明を含む幾つかの主要概念が明確にされました。

委員会原案(CD)第二版が現在開発中であり、作業部会は2016年6月に再度会合を開く予定です。「現在及び将来の食品分野の要求に応じるためにも、改定作業に時間を費やすことは重要です。食品安全マネジメントシステムをより一貫した堅牢なものにするためにも、主要概念をさらに明確にすることは非常に有用です。」と、LRQA 料飲部門ストラテジックマーケティングマネジャーのVincent Doumeizelは述べています。


LRQAでは新規格案の要求事項とお客様のマネジメントシステムとの差異を明確にするギャップ分析サービスや、公開研修や講師派遣研修サービスなど、組織の皆様の新規格へのスムーズな移行のための様々なサービスを提供しておりますので、是非お問い合わせください。

changes signpost

ISO規格改定関連ニュース

品質(ISO 9001)・環境(ISO 14001)をはじめとするISO規格やCSR関連規格の開発状況をご参照いただけます。


お問合せ

ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド
LRQA ジャパン
マーケティング チーム  
Tel: 045-670-7447 Fax: 045-682-5289 
E-mail:   LRQA-Japan-Marketing@lrqa.com