【労働安全衛生】ISO 45001発行時限は2018年3月まで持ち越される可能性

ISO 45001の開発を担う作業部会ISO/PC 283/WG1会議が、国際規格原案第2版(DIS2)作成に向けて、リトアニアで開催されました。

会合では箇条4から10の大部分について、国際規格原案第2版(DIS2)を合意し、寄せられたコメントレビューを完成するため、2017年2月にウィーンで作業部会WG1が再度実施される予定です。

現在の進捗状況と作業部会からの最新の情報によると、ISO 45001発行までのスケジュール(案)は以下の見通しとなります。

  • 2017年2月 ─ WG1会議にてコメントレビューの完了
  • 2017年3月 ─ 国際規格原案第2版(DIS2)の編集と準備
  • 2017年4月~5月 ─ 国際規格原案第2版(DIS2)の翻訳
  • 2017年6月~7月 ─ 国際規格原案第2版(DIS2)投票
  • 2017年9月 ─ PC283 及び WG1 会議にて国際規格原案第2版(DIS2)投票レビュー

国際規格原案第2版(DIS2)が承認され、最終国際規格案(FDIS)段階が求められない場合は、2017年10月から11月の発行が見込まれます。しかし、最終国際規格案(FDIS)段階が必要とされば場合は、2018年3月頃の発行になると予想されます。

「2013年にこのISO 45001への取り組みが始まってから4年の時限計画で作業を完了すべきところ、、ISO 中央事務局は更に9ヶ月の延長を承認しました。これは、ISO 45001の重要性と、世界中の組織への適用の意義を見据えたものです。」と、ISO/PC 283 リエゾンメンバーでもあるLRQAシステム&ガバナンス マネジャーのスティーブ・ウィリアムズは話しています。

LRQAでは、新規格案の要求事項とお客様のマネジメントシステムとの差異を明確にするギャップ分析サービスや公開研修や講師派遣研修サービスなど、組織の皆様のスムーズな移行のため、様々なサービスを提供しておりますので、是非ページ下の「LRQAお問合せ」よりお問合せください。

Change

ISO 規格改定 最新情報

ISOを取得している組織の皆様に着実に移行を進めていただくために、移行審査の情報ページを作成いたしました。移行の流れ、ニュース、コラムおよび弊社オプション・サービス(ギャップ分析・教育研修)についてご案内いたします。

規格改定関連ニュース検索方法のご案内 <開く>

規格改定関連ニュース検索方法のご案内

規格改訂関連ニュースフィルター「ニュース一覧」では、規格改定情報のみを絞込み、ご参照いただけます。

  • ニュース一覧ページを開きます。
  • 右記のようなフィルター画面が表示されますので、[トピック]⇒[ISO 規格改定最新情報]を選択します。
  • [ISO 規格改定最新情報] のニュース一覧が表示されます。

[ISO 規格改定最新情報]を選択後には、[規格]など、さらに検索を行うことができます。 

リンク: ニュース一覧


お問合せ

ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド
LRQA ジャパン
マーケティング チーム  
Tel: 045-670-7447 Fax: 045-682-5289 
E-mail:   LRQA-Japan-Marketing@lrqa.com