【食品安全】GFSI 承認規格と米国食品安全強化法適合性との同等性について言及

『GFSI承認規格は、米国食品安全強化法に適合しているといえるのか?』

GFSIが承認する規格と米国食品安全強化法への適合について、GFSIはAcheson Group 創設者であり前米国食品医薬品局次長であるDavid Acheson CEOのコメントをブログとして掲載しました。

それによると “GFSI承認規格の認証を取得していれば、FSMAのルールに準拠したことになりますか?”という質問に対し、現時点では“近い位置にいるが、準拠しているとは言い切れない”という現状であるとしています。

ただし、今回GFSIベンチマーキング要求事項第7版発行にあたり、GFSIは食品防御や偽装予防の要求、無予告審査の導入、ブローカーや代理店を含む対象サプライチェーンの拡大などによりFSMAとの関連性強化を図っており、これを受けて各GFSI承認規格もGFSIベンチマーキング要求事項第7版に準拠することになるため、同要求事項第7版に準拠した規格の認証取得は、これまで以上にFSMAのルール準拠に近づいたことになる、と同氏はコメントしています。


詳細はGFSIホームページをご参照ください。
■MyGFSI
“Does GFSI Certification Equate to FSMA Compliance?”


お問合せ

ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド
LRQA ジャパン
マーケティング チーム  
Tel: 045-670-7447 Fax: 045-682-5289 
E-mail:   LRQA-Japan-Marketing@lrqa.com