【CSR】ロイド レジスター APSCAへの参加を通じて社会監査の強化へ

この度ロイド レジスターは、Association for Professional Social Compliance Auditors(APSCA)に加入いたしました。同協会は、労働条件改善のため社会監査に取り組む監査員や組織の信頼性向上を目的に2015年に設立され、社会監査の活用を促進し世界各国の労働環境改善に注力しています。

今日のグローバルサプライチェーンの普及により、社会監査の要求が急速に高まりつつあります。この動きは、各国および国際的な労働環境ガイドラインへの遵守を自社サプライチェーンに求める多国籍企業によってもたらされており、APSCAはこのような産業界の要請を受けて組織されました。ロイド レジスターはAPSCAへの参加を通じて社会監査の品質と整合性の向上に努めます。

APSCAは、社会監査の信頼性向上に向けブランドから小売業、スキームオーナーおよび認証機関までが参加する先進的な協会であり、その目的はロイド レジスターグループが重視し、またグループのオーナーであるロイド レジスター基金が目指すものと同じであります。私たちはこれを機に世界中の人々の労働環境改善に向け、共に取り組んで参ります。


お問合せ

ロイド レジスター
マーケティング
Tel: 045-670-7447 Fax: 045-682-5289 
E-mail:   japan-marketing@lr.org