品質(QMS)

経済のグローバル化が進む中で、国や組織によって品質保証の考え方が異なり、モノやサービスの自由な流通を妨げることを防ぐ為、1987年に品質マネジメントシステムの国際規格が制定されました。品質マネジメントシステムは、製品やサービスの品質に関して行うべき管理の要素を要求事項や推奨事項として定めた規格です。

関連規格一覧

全規格を表示

IATF 16949:2016

自動車産業向け品質マネジメントシステム規格IATF 16949:2016が、2016年10月1日に The International Automotive Task force(IATF:国際自動車タスクフォース)より発行されました。 これは、世界中で最も広く使用されている国際規格の1つであるISO/TS 16949:2009に替わる自動車産業向け品質マネジメントシステム の改定版になります。

ISO 13485 医療機器

国際規格ISO 13485は、医療機器製造業者の品質マネジメントシステム(QMS)要求事項を規定しています。この規格の主要な目的は、医療機器業界において、QMSの要求事項と規制要求事項の整合性を促進させることです。

ISO 9001 品質マネジメントシステム

経済のグローバル化が進む中、国や組織によって品質保証の考え方が異なり、モノやサービスの自由な流通を妨げることを防ぐためにISO 9000シリーズが制定されました。ISO 9001は、顧客などのステークホルダーのニーズを満たす製品やサービスを、一貫して提供する能力があることを証明したい組織のための品質マネジメントシステム(QMS)です。

ISO/TS 16949 自動車産業向け品質マネジメントシステム

ISO/TS 16949:2009は、自動車サプライチェーンにおける欠陥の防止やばらつき・ムダの削減に重点を置いて、継続的改善を可能にする品質マネジメントシステム(QMS)の開発を目指しています。ISO/TS 16949は、設計・開発、製造、さらに該当する場合には自動車関連製品の取り付けおよびサービスにも適用されます。