カーボンフットプリントコミュニケーションプログラム

CFP(カーボンフットプリント)は、商品やサービスの原材料調達から廃棄・リサイクルに至るまでのライフサイクル全体を通して排出される温室効果ガスの排出量をCO2に換算して、商品やサービスに分かりやすく表示する仕組みです。

カーボンフットプリントコミュニケーションプログラムの利点

目的は、消費者が、使用する製品やサービスの固有の温室効果ガス排出量を認識することに拠って、地球温暖化防止に繋がる低炭素な消費生活を目指すキッカケを提供することであり、その結果事業者がサプライチェーンを構成する企業間で協力して更なるCO2排出量削減を推進することにもなります。|

なぜLRQAが選ばれるのか?

  • 高い信頼性
    LRQAは、国の制度に基づく検証機関です。
  • 国際的な視野  
    LRQAは国際的に活動しており、欧米の動向に100%沿って対応します。
  • 高度な専門性 
    LRQAには、高い能力と経験を持った検証者が多くそろっています。

カーボンフットプリントコミュニケーションプログラムとは?

カーボンフットプリント(CFP)は、現在財団法人産業環境管理協会が中心となって、個別の製品のCO2排出量の算定結果の検証を行い、製品に所定のCFPマークを付記する事の合否を決定します。また組織が、CFPを総合的に管理出来るシステムを構築していることを審査、認証することで、組織の複数の製品に対して、CPFマークを付与することが出来る仕組みです。

当社が提供いたしますサービスは、個々の製品に係わるCFPデータの算定結果が、所定のPCR(商品種別算定基準)に沿って正しく算定されているかを精査し、その合否を決定します。

一方システム認証は、規程に沿って組織のシステムが構築されているかを、従来のマネジメントシステム審査の技法を用いて審査、認証します。