IATF 16949 自動車産業向け品質マネジメントシステム関連研修

IATF 16949 自動車産業向け品質マネジメントシステム研修一覧をご案内いたします。


自動車関連研修


自動車 IATF 16949:2016 規格解説  
IATF 16949:2016の要求事項・規格の意図を学びたい方・事務局・内部監査員・現場リーダー向けの研修コースです。長年自動車産業の国際規格や分析ツールに携わってきたエキスパート講師が歯切れよく解説します。
自動車 IATF 16949:2016 内部監査員養成  
IATF 16949:2016 内部監査候補者・内部監査経験者・事務局向けの演習中心の研修コースです。受講者は仮想会社のIATF 16949内部監査チームとしてさまざまな場面に遭遇します。受講者・講師とのディスカッションを通じてIATF 16949内部監査に必須の知識と技術を身につけられる実践的なコースです。
Automotive SPICE® 内部アセッサー 基礎編  
IATF 16949:2016で追加された組み込みソフトウェア開発能力の自己評価に関連して、典型的なAutomotive SPICEアセスメントモデルの内容とアセスメントの概要を分かり易い解説と演習を通じて学ぶことができます。 ®: Automotive SPICEは、Verband der Automobilindustrie e.Vの登録商標です。
Automotive SPICE® 内部アセッサー 実践編  
IATF 16949:2016で追加された組み込みソフトウェア開発能力の自己評価に関連して、典型的なAutomotive SPICEアセスメントモデルを用いた内部アセスメントの進め方を一連の演習とロールプレイを通じて実践的に学ぶことができます。 ®: Automotive SPICEは、Verband der Automobilindustrie e.Vの登録商標です。
第二者監査  
第二者監査員・第二者監査候補者・事務局向けの演習中心の研修コースです。 受講者は第二者監査チームとしてISO 9001やIATF 16949を認証取得中の仮想会社を監査しさまざまな場面に遭遇します。不適合判断・報告・根拠抽出までの第二者監査の基本を1日間で効率的に習得できます。
プロセス監査  
この研修は、内部監査を通して組織の問題点を抽出し、改善に結びつけるために必要なプロセス分析ツール(プロセスモデル図・タートルモデル図)が利用できるようになることを目標にした演習中心のコースです。ISO 9001/ISO 14001/OHSAS 18001/IATF 16949などマネジメントシステムを採用する組織の内部監査員・関係者を対象とします。
リスク分析を活用したプロセスアプローチ
組織内で是正処置プロセスの課題解決を推進されるかた・プロセスオーナー・内部監査員・第二者監査員・ISO事務局向けの演習中心の研修コースです。タートルモデル図を使った演習によって無理なくリスク分析を活用したプロセスアプローチの技術を向上させることができます。
コアツール:概要解説  
IATF 16949:2016で要求されている5つのコアツール(APQP/PPAP/FMEA/SPC/MSA)とコントロールプランの概要を解説します。コアツールとは?業務との関係性は?これらについて理解することが求められている、おもにIATF 16949事務局・内部監査員の皆様のための初級研修です。
コアツール:APQP 解説  
自動車産業との取引において、新規車対応に関連した品質計画のやりかたを、事例を通して、演習を主体に身につけていただきます。また、特に量産試作以降要求されるコントロールプランの策定と活用について推進していただけるようにマスターしていただきます。
コアツール:FMEA 解説
FMEA(故障モード影響解析):製品のトラブルや製造工程でのトラブルの可能性およびその影響を事前に評価し、リスクを軽減する処置の優先順位を決定するための技法です。量産試作段階や量産段階に入ってからのフィードバックを含めて演習により実務的なノウハウを学びます。
コアツール:MSA 解説
MSA:測定システム解析は、測定結果に影響する変動源をシステムとして把握し、測定システムが信頼できるものか、を解析する手法です。計量値の場合と計数値の場合の解析手法を中心に、演習を含めて実務的に身につけていただきます。また、破壊検査などの反復不可能な測定システムの解析シナリオなどもご紹介します。
コアツール:SPC 解説  
SPC(統計的工程管理):顧客要求からFMEA、コントロールプランの中で、統計的工程管理のニーズ、手法が特定され、活用されていくことになります。このコースでは管理図を用いて製造工程を管理する技法を演習を通じて内容を理解し、選定・活用する具体的なノウハウを身につけていただきます。
コアツール:PPAP 解説
自動車産業との取引において、量産品の納入開始時や、設計、工程変更時の通知など、変化点における管理は経験則として重要とされています。このコースでは、こうした立ち上がり時点、変化点における必要な手続き(手順)を理解し、リスク低減に活用する手法を紹介します。
機能安全 ISO 26262 入門
機能安全・ISO 26262がはじめてというかた向けの座学中心の研修コースです。研修後、機能安全の定義やいま自動車業界で機能安全が着目されている理由・ISO 26262の概要について自分の言葉で説明することができるレベルを目標とします。