ISO/IEC 20000とは?

組織の主要なビジネスプロセスの多くがITに依存しており、ITは多岐にわたって変容を迫られています。これらのプロセスで変更が生じるとITシステムへの変更が必要となり、ハードウェア、ソフトウェア、通信、サポートに影響します。これがITサービスマネジメントの領域であり、ISO/IEC 20000-1(旧BS 15000)の適用範囲です。

今やITはビジネスに欠かせません。また、度重なる企業の不祥事や法律違反を防止する法規制が見直される中、ITサービスも構成要素に組み込まれつつあり、その管理体制は注目されています。

この規格は、外部委託している場合も含め、自らのITシステムのマネジメントに関与し、またITサービスマネジメントサービスを顧客に提供しているあらゆる組織で、その規模に応じて適用されます。その目的は、ユーザーにより良質なサービスを提供することにあります。

ISO 20000-1の利点

  • 包括的――お客様のITシステムのユーザー、およびお客様のビジネスのニーズを満たし、そのITサービスを確実に効率的かつ有効なものにするために必要なことを、すべて確保できるようなアプローチになっています。
  • ベストプラクティスを実証――この規格は、英国商務局(OGC)が最初にまとめ、後に国際的に認められたITインフラストラクチャ ライブラリ(ITIL)を土台にしており、ITサービスのマネジメント方法に真のメリットがもたらされるという確信をユーザーに与えています。
  • ベースはマネジメントシステム――この規格は、他のマネジメントシステムの規格に共通するPlan→Do→Check→Act(計画→実行→評価→改善)のサイクルを基本に踏まえ、統合システムを運用することよって重複やコストを削減できるようになっています。
  • 機密性を守れる――慎重な扱いを要するデータを所有する組織には不可欠の要求事項です。
  • 管理の可視化――ITサービスの管理を「見える」ようにし、日々変容を迫られているITサービスを効果的に運用できます。

なぜLRQAが選ばれるのか?

  • 高い専門性
    当社の審査員は、IT分野の経験を有し、お客様のシステムの実施状況や有効性について綿密かつ率直な審査を実施する有能な専門家がそろっています。
  • ビジネス アシュアランス
    「ビジネス アシュアランス」を信条とする当社は、登録証の取得だけにとどまらず、入念にテーマを絞った審査を行うことにより、継続的改善が求められる領域や重要なリスクの特定も行います。お客様のマネジメントシステムを組織とともに成長させ、成功へと導く最善のご選択となることをお約束します!
  • 豊富な実績
    LRQAはこれまで、世界中の通信、行政、金融、IT、法曹界の各分野を代表する数々のお客様の信頼に応えてまいりました。

ITサービスマネジメントの背景

1980年代、膨大なIT投資に対して期待された効果が出ているのかを危惧した英国政府は、専門チームを設置し、IT活用で成功している先進企業を調査しました。 この調査からITIL(ITインフラストラクチャ・ライブラリ)というIT運用のベストプラクティス集がまとめられました。

ISO 20000(BS 15000)は、このITILとITサービスマネジメントの概要をまとめたPD 0005をベースに、2つパートで構成されています。
規格のパート1はITサービスマネジメントの規格で、これをもとに第三者審査(itSMF*)に認定された第三者機関が審査)が行われます。2011年5月に改定版が発行され、2013年6月から、すべての組織はこの2011年版で審査されることになります。
パート2は、規格を活用するためのベストプラクティスです。

*itSMF (ITサービスマネジメントフォーラム)は、英国で情報システムの運用管理基準(ITIL)の普及促進を目的として設立された会員制ユーザ・フォーラムで、全世界で活動を展開しています。