ISO/IEC 27001 情報セキュリティ

組織のデータ、またはその顧客のデータを保護することがますます重要になっています。ISO 27001の登録証をもつ情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を導入すると、企業にとっても、その顧客にとっても、数多くのメリットがあります。

ISO 27001の利点

  • 競争で優位に立てる――LRQAの発行するISO 27001の登録証は、第三者が公式にその能力を証明するものであり、他社と競争になったときに有利な材料になるでしょう。
  • リスクを最小限にできる――セキュリティ上の脅威となるリスクを減らす措置やシステムの脆弱性を悪用されないようにする措置がとられていることが保証されます。
  • ベストプラクティスが約束される――LRQAからISO 27001の登録証を取得すると、組織、その顧客、取引相手などの主なステークホルダーに対して、あらゆるセキュリティ上のリスクに対する対策がとられているという安心感を与えることができます。
  • コストが削減される――構造的なリスクアセスメントのアプローチに従うことにより、全体のリスクが低減するような資源の適用を確保することができます。

なぜLRQAが選ばれるのか?

  • 重厚な経験
    LRQAは長年、規格開発の最前線でISMSの審査と登録に携わってまいりました。
  • 豊富な実績
    LRQAはこれまで金融、通信、ソフトウェア、インターネット、コンサルティング、法曹界及び官公庁等の各分野を代表する数々のお客様の信頼に応えてまいりました。
  • 高度な専門性
    LRQAには、情報セキュリティなどのIT分野で高い専門性を持つマネジメントシステム認証審査員がそろっています。

ISO 27001の登録証とは?

情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)のためのISO 27001規格は国際的に認められています。これは組織がその情報資産をよりよく管理するのを助けるマネジメントシステムツールです。ISO 27001認証は、コンピュータを用いた不正、サイバー攻撃、妨害行為、ウイルスからシステムを保護するのに役立ちます。情報セキュリティに欠陥があると、重要な情報への不正アクセス、およびこれらの盗難、破損、紛失が生じる可能性があります。そのような事態を回避するための、適切な管理と手順を備えているとの確信は、どれほどお持ちでしょうか。

ISO 27001は、ISO 9001、ISO 14001と共通のPlan→Do→Check→Act(計画→実行→評価→改善)モデルをベースにしています。このモデルでは、リスクアセスメントとビジネスインパクト分析を用いてリスクを特定して管理し、情報の機密性、完全性、可用性を確保します。

現在および将来予想される顧客は、お客様のITシステムがどこまで安全かを今後ますます知りたがるようになるでしょう。現在でもISO 27001の登録証があることを取引の前提条件とする組織が増えています。
ISO 27001へ登録されることにより、ステークホルダーはお客様がその義務を真剣に果たそうとしていることを確信するでしょう。