自動車産業向け品質マンジメントシステムISO/TS 16949:2009の改定版IATF 16949:2016

自動車産業向け品質マネジメントシステム規格IATF 16949:2016が、2016年10月1日に
The International Automotive Task force(IATF:国際自動車タスクフォース)より発行されました。
これは、世界中で最も広く使用されている国際規格の1つであるISO/TS 16949:2009に替わる自動車産業向け品質マネジメントシステム の改定版になります。

IATF 16949:2016の発行に伴い、2017年10月1日以降はISO/TS 16949:2009の審査を実施することが出来なくなります。現在ISO/TS 16949:2009の認証を取得している組織は2018年9月14日までにIATF 16949:2016への移行を完了しなければなりません。

ISO/TS 16949の最初の規格は、自動車業界のグローバルサプライチェーンにおける審査と認証システムを整合性のあるものにする為に、IATFとISOのテクニカルコミティ:ISO/TC 176との合同で1999年に発行されました。

IATF 16949:2016は、その開発段階において審査機関、審査員、サプライヤー、OEMベンダーの意見が反映され、自動車業界の顧客要求事項を具現化した革新的で顧客重視の視点に立った規格です。IATF 16949:2016は単独のQMS規格とはみなされず、ISO 9001:2015の補足として理解されるものであり、ISO 9001:2015と併せて運用されるものとなります。

IATFは現在ISO/TS 16949:2009の認証を受けている組織と認証取得を検討している組織の為に、移行時期等に関する重要な情報を含む改訂されたガイダンス文書(Revision 1 ) を公開しています。IATFより公開された他の情報につきましてはIATF website  をご参照ください。

また、日本規格協会からIATF 16949:2016英和対訳版 が発行されています。

LRQAの教育研修サービス

IATF 16949:2016の発行に伴い、内部監査に携わる方からトップマネジメントに至るまでの多くの関係者がトレーニングを受講する必要があるかもしれません。LRQAの幅広いトレーニングサービスは、将来のビジネスパフォーマンスに関わる変更をどのように実施すべきかを深く理解するより良い機会をご提供いたします。

LRQAでは研修サービスをはじめ組織の皆様の新規格へのスムーズな移行のための様々なサービスを提供しておりますので、是非お問い合わせください。