ISO 22301 事業継続

新しいISO 22301規格は、効果的な事業継続マネジメントシステム(BCMS)の設定と管理に関する要求事項を指定しています。この規格は監査が可能で、組織が適合性を証明できるようになっています。

「自社のセキュリティレベルの改善を図りたい」
「既存のマネジメントシステム運営に手いっぱいであり、手が回らない」
「グローバルで取引関係を維持し、評価を高めたい」
「事業が中断するような事態が起きた時、自社の業務で復旧を急ぐべき業務は?」

・・・こんなお悩みはありませんか?

BCMSは、災害・事故・事件から重要度の高い経営資源を守るためのマネジメントシステムです。企業を取り巻くすべてのリスクを想定し、事業中断による影響を許容限度内にすることを目指します。

ISO 22301の利点

  • リスクを最小限にできる――組織が脅威に直面したときの回復力を高めます。
  • 回復力が強化される――事業計画と統合すると、混乱を処理し、ブランドイメージを守る能力が強化されます。
  • コストを削減できる――行動計画をリハーサルしておくと、最悪のことが起こっても組織の財政状態が保護されます。

なぜLRQAが選ばれるのか?

  • 望まれたリーダー
    LRQAは、事業継続開発のリーダーである事業継続協会と長年変わらぬ関係があります。
  • 豊富な実績
    これまでIT、通信、防衛、行政、法曹界の各分野を代表する数々のお客様の信頼に応えてまいりました。
  • 重厚な経験
    LRQAは長年、事業継続規格に照らした審査を実行しており、またお客様の組織に生かせる経験を豊富に積んでいます。

ISO 22301の認証とは?

ISO 22301は、産業界のベストプラクティスに関する手引きを土台として、とりわけお客様がリスク、ひいては組織の混乱の可能性を最小限にするような、組織的で形式化された事業継続マネジメントシステムを理解、開発、実行することができるように導入されたものです。