ISO 50001 エネルギー

ISO 50001は、組織のエネルギーマネジメントシステムの要求事項を設定するために国際標準化機構(ISO)が開発した自主的国際規格です。ISOは、この規格が世界のエネルギー利用の60%にまで影響する可能性があると推定しています。

ISO 50001は、工場、商業施設、公的機関施設、政府施設のみならず、組織全体としてエネルギーマネジメントのベストプラクティスを推進し、良好なエネルギーマネジメント行動を強化するための枠組みを規定しています。この規格には、エネルギー消費の改善や温室効果ガス(GHG)の削減予測量の基準設定、測定、文書化、報告に関する手引きが示されています。ISO 50001は、施設が導入する新しいエネルギー効率改善技術の評価や優先順位づけにも役立ちます。

当社の経験・知識豊富な審査チームは、お客様の組織の現在の環境またはエネルギーマネジメントシステムが、透明かつ管理しやすい形でISO 14001やISO 50001などの登録証を取得したマネジメントシステムへ移行するのをお手伝いします。また、当社の段階的なアプローチにより、組織への混乱を最小限に抑えた、費用効率の高い登録証が取得できることをお約束いたします。

当社独自の「ビジネス アシュアランス」戦略は、体系的なマネジメント手法と明確なコミュニケーションを組み合わせることにより、はっきりとした企業利益を実現します。

ISO 50001は組織にとってどのようなメリットがあるか?

ISO 50001は、以下のような多くの重要なメリットが得られるように設計されています。

  • エネルギー効率の改善
  • コスト削減による競争力の強化
  • 環境パフォーマンス、生産性、コンプライアンスの向上
  • エネルギー資源マネジメントの透明化とコミュニケーションの促進
  • リスク削減とエネルギーセキュリティの向上
  • ISO 9001、ISO 14001、OHSAS 18001、ISO 22000、ISO 27001などの既存のマネジメントシステム規格への任意による統合
  • サプライチェーン全体を通したエネルギー効率改善の枠組みの創出
  • 組織が一体となって気候変動ガスの排出量削減に取り組む姿勢を示すことによるステークホルダーの信頼感の向上