OHSAS 18001 労働安全

OHSAS 18001は、外部機関による審査および認証が可能で、明確な安全衛生マネジメントシステムの規格を求める産業界からの声に応えて開発されたものです。
労働安全衛生のためのマネジメントシステムとして最も広く知られており、組織が、その労働安全衛生リスクを管理し、そのパフォーマンスを向上できるように、労働安全衛生マネジメントシステムに対する要求事項を規定しています。

OHSAS 18001の利点

  • 従業員を保護できる
    ハザードの特定やリスクマネジメントに構造的に取り組み、より健康的でより安全な労働環境の提供や、事故の多発および労働衛生問題の発生防止につなげることができ、事故などによる事業活動への支障や内部コスト、利害関係者の評価の低下を防止することができます。また、従業員の病気やけがによる時間のロスを減らすことができ、ひいては職場の士気の向上にもつながります。
  • リスクを最小限にできる
    安全衛生マネジメントは、リスクアセスメント、監査、検査、法的レビュー、事故調査の結果を盛り込んだ行動計画を立てることにより、より明確で有効なものになり、事故のリスクを最小限に抑えます。
  • 順法性を保てる
    現行法規などの要求事項を特定し、順法性を保つ手段となります。さらには賠償請求の件数や保険料負担の減少にもつながる可能性があります。
  • ステークホルダーの信頼が得られる
    第三者によって審査される労働安全衛生(OHS)マネジメントシステムの認証を取得することにより信頼性が増します。
  • マネジメントシステムの基本が共通
    この規格が基本とするのはISO 9001、ISO 14001などの他のマネジメントシステムの規格に共通するPlan→Do→Check→Act(計画→実行→評価→改善)のサイクルであるため、統合システムを容易に開発することができます。

なぜLRQAがえらばれるのか?

  • 重厚な経験
    LRQAは長年、規格開発の最前線でOHSASの審査と登録に携わってまいりました。
  • 豊富な実績
    LRQAはこれまでにも、製造業、建設業を初め、金融、通信、ソフトウェア、インターネット、コンサルティング、法曹界及び官公庁等の各分野を代表する数々のお客様の信頼に応えてまいりました。
  • 高度な専門性
    LRQAには、高い専門性と豊富な現場経験を持つ安全衛生マネジメントシステム認証審査員がそろっています。

OHSAS 18001の登録証とは?

効果的で確固とした労働安全衛生(OHS)マネジメントシステムは、制御されていないハザードを制御されたリスクに変え、従業員と企業双方の健全性をよりよく保護します。

当社のこの分野の専門家達はこの規格の仕様の開発に参加しており、1760年から安全性のビジネスに携わってきたロイド レジスター グループの一員であるLRQAは、OHSAS 18001に対応する各種の審査サービスを提供するのに理想的な立場にあります。また、近年、説明責任を求める期待が高まっていることもあり、LRQAによる登録証はステークホルダーに対し、お客様が安全衛生に本気で取り組む姿勢を目に見えるかたちで示す手段にもなります。


マネジメントシステムの統合は?


ISO 14001との統合

OHSAS 18001は、ISO 14001と同様のリスクに対応する構成を持ち、他のマネジメントシステムと非常に高いレベルで適合できることから、ほとんどの組織に導入することができます。
OHSAS 18001の認証を取得していて、ISO 14001の導入もお考えなら、LRQAにお任せください。お客様の組織が安全衛生や環境手順に関する業界のベストプラクティスを実行していることを証明し、OHSAS 18001とISO 14001の認証を取得した統合マネジメントシステムを実施しましょう!

  • ギャップ分析(オプション)
    人間の安全が第一と言う考えに基づき、OHSASの要求事項に沿ってシステムを構築するには、企業が行っている活動が要求事項に適合しているかどうか、実態に照らし合わせ、そのギャップを明確に把握することからスタートします。貴社のシステム及び実施状況をレビューし、受審準備が整っているかを判断するお手伝いをします。