自動車・航空宇宙・鉄道関連研修

自動車・航空宇宙・鉄道関連の研修一覧をご案内いたします。

自動車関連研修


 
自動車 IATF 16949:2016 規格解説  
これからIATF 16949を取得される組織の方々や新たにIATF 16949を担当される経営層及びスタッフの方を対象に、長年のLRQAでの審査経験に基づき説明します。講師とのディスカッションを中心に実りの多いコースとなっています。
自動車 IATF 16949:2016 内部監査員養成  
IATF 16949固有の要求事項を理解し、内部監査員としての基本的力量の構築と向上を主眼に置いています。被監査側の監査姿勢を前向きにすることが内部監査員にとって重要であるため、演習や講師とのディスカッションを多く取り入れ、担当する講師が長年のLRQAでの審査経験に基づき説明する実りの多いコースとなっています。
第二者監査  
この研修コースは、自動車関連産業に従事する方々が、ISO 9001:2015 及びIATF 16949:2016で要求される第二者監査を実施するために開発されたコースです。従来2日間だった研修を1日間コースに短縮して参加しやすくしたほかより効果的な演習となるよう見直しを加えました。研修結果として適正な適合性判断、不適合報告、不適合の根拠抽出(監査調査計画書提出)ができることを目標にしています。
プロセス監査  
この研修は、内部監査を通して組織の問題点を抽出し、改善に結びつけるために必要なプロセス分析ツール(プロセスモデル図・タートルモデル図)が利用できるようになることを目標にした演習中心のコースです。ISO 9001/ISO 14001/OHSAS 18001/IATF 16949などマネジメントシステムを採用する組織の内部監査員・関係者を対象とします。
コアツール:概要解説  
IATF 16949:2016で要求されている5つのコアツール(APQP/PPAP/FMEA/SPC/MSA)とコントロールプランの概要を解説します。コアツールとは?業務との関係性は?これらについて理解することが求められている、おもにIATF 16949事務局・内部監査員の皆様のための初級研修です。
コアツール:APQP 解説  
自動車産業との取引において、新規車対応に関連した品質計画のやりかたを、事例を通して、演習を主体に身につけていただきます。また、特に量産試作以降要求されるコントロールプランの策定と活用について推進していただけるようにマスターしていただきます。
コアツール:FMEA 解説
FMEA(故障モード影響解析):製品のトラブルや製造工程でのトラブルの可能性およびその影響を事前に評価し、リスクを軽減する処置の優先順位を決定するための技法です。量産試作段階や量産段階に入ってからのフィードバックを含めて演習により実務的なノウハウを学びます。
コアツール:MSA 解説
MSA:測定システム解析は、測定結果に影響する変動源をシステムとして把握し、測定システムが信頼できるものか、を解析する手法です。計量値の場合と計数値の場合の解析手法を中心に、演習を含めて実務的に身につけていただきます。また、破壊検査などの反復不可能な測定システムの解析シナリオなどもご紹介します。
コアツール:SPC 解説  
SPC(統計的工程管理):顧客要求からFMEA、コントロールプランの中で、統計的工程管理のニーズ、手法が特定され、活用されていくことになります。このコースでは管理図を用いて製造工程を管理する技法を演習を通じて内容を理解し、選定・活用する具体的なノウハウを身につけていただきます。
コアツール:PPAP 解説
自動車産業との取引において、量産品の納入開始時や、設計、工程変更時の通知など、変化点における管理は経験則として重要とされています。このコースでは、こうした立ち上がり時点、変化点における必要な手続き(手順)を理解し、リスク低減に活用する手法を紹介します。

航空宇宙関連研修 - Aerospace

航空宇宙 JIS Q 9100:2016 規格解説
全体像を分りやすく説明するだけでなく、ISO 9001と比較しながら解説するとともに、多くの演習も実施します。初めての方にはおすすめのコースです。
航空宇宙 JIS Q 9100:2016 内部監査員養成
JIS Q 9100内部監査をはじめて実施するかた(新人)・2009年版内部監査員(経験者)・事務局向け。グループワークによる演習により2016年版内部監査の着眼点が学べる2日間研修です。 2016年版の重要ポイント―製品検査、模倣品の防止の管理、リーダーシップ、リスク及び機会、監査の報告、製造レビューの監査―を踏まえた内部監査を実施するにあたりどのような観点から監査を実施すると効果的なのかを演習にを通じて体得することができます。

鉄道産業関連研修 - Rail

鉄道 ISO/TS 22163:2017 規格解説
国際鉄道産業標準規格(IRIS)の規格解説及び導入研修です。本研修では、UNIFE(欧州鉄道産業連盟)でISO 9001をベースに策定され運用されている鉄道産業向けの欧州規格IRISの概要について解説します。
鉄道 ISO/TS 22163: 2017 内部監査員養成
国際鉄道産業標準規格(IRIS)の内部監査に必要なスキルを学ぶ研修です。監査技法に特化したコースで、ロールプレイやグループ演習で、講師とディスカッションしながら多くの実施スキルが体験できます。
横浜

ISO 26262 教育研修 新規開設

基礎、実践、マスター、監査員・管理者、経営層向けの自動車機能安全研修コースをご用意致しました!

コース詳細を見る