ギャップ分析

ISOの審査前に、貴社のシステムと要求事項と比べて、どのレベルにあるかを把握しておきたいとお考えではありませんか?

LRQA ジャパンのギャップ分析では、審査前に貴社を審査員が1回または2回訪問し、このギャップ分析を実施することで、規格要求事項の理解が促進され、貴社のマネジメントシステムとの差異を明確にすることができます。 そのため、審査までに不足している部分に対処しておくことができ、よりスムーズな審査を実現することができます。

ギャップ分析のメリット

  • 審査へ向けてやるべきことを把握
    LRQA ジャパンでは、ISO 9001および、ISO 14001の2015年版移行に関しては、チェックリストを用意しており、要求事項に対する貴社の課題点の抽出を優先付けることができ、審査へ向けてやるべきことが見えてきます。
  • 要求事項の理解が深まる
    要求事項の理解が深まることで、貴社のマネジメントシステムがどの程度要求事項を実現しているか、そのレベルを把握することが可能になります。
  • 認証取得までのタイムスケジュールを策定可能
    不足部分・やるべきことが明確になれば、移行審査までの現実的なタイムスケジュールを策定することができ、社内に周知徹底できます。
  • 貴社の状況に応じてカスタマイズ可能
    ギャップ分析の実施時期や工数は、カスタマイズできます。“1日だけ”“文書だけ”“現場だけ”といった対応も可能です。

こんなお客様にオススメ

  • はじめての審査で何から手をつけたらよいのか分からない
  • 規格改定に伴う移行審査へ向けて、事前に準備しておきたい

ギャップ分析の対象規格

ギャップ分析では、様々なマネジメントシステム規格、その他におけるサービスを提供しています。 

対象規格:

ISO 9001 品質
ISO 14001 環境
ISO 50001 エネルギー
OHSAS 18001 労働安全
ISO 22301 事業継続
ISO/IEC 27001 情報セキュリティ
ISO/TS 16949 自動車
JIS Q 9100 航空宇宙
IRIS 国際鉄道産業標準
ISO 26262 自動車機能安全
FSSC 22000 食品安全 など

Hint

移行のポイント

「移行に向けて何から始めたらよいのか?」「準備にはどのくらいの時間が必要なのか?」等の疑問をお持ちの組織の方は、移行の準備にあたっての7つのポイントをご参照ください。