労働安全衛生 ISO 45001:2018 内部監査員スキルアップ(2018年版重点監査アプローチ)

労働安全衛生マネジメントシステム内部監査員向けのスキルアップ1日間コースです。ISO 45001:2018を基準としてその特徴(テーマ)にそって内部監査手法が学べる演習中心のコースです。

研修形態

公開研修 臨時公開 講師派遣

研修の目標

  • ISO 45001:2018で導入された主な変更の概要を説明できる。
  • 内部監査員としてプロセスアプローチの重要性を説明できる。
  • 内部監査の準備としてプロセスモデルを活用できる。
  • 組織の状況、危険源の特定並びにリスク及び機会の評価、パフォーマンス評価の要求事項を考慮に入れながら、OHSの効果的な運用をどのように監査するのかを説明できる。
  • 労働安全衛生方針及び働く人の協議及び参加、危険源の除去及びリスクの低減に関する要求事項の概要を説明でき、関連する監査証拠を特定できる。
※研修効果を最大限にするために事前課題を済ませてお越しください。

研修の概要

  • 改定のあらまし
  • プロセス思考
  • リスク及び機会
  • リーダーシップ、働く人の協議及び参加
  • モニタリング及び測定
  • 有効性の監査
  • 改善
  • その他の変更

受講対象者

内部監査員経験者、部長、課長、現場リーダー、事務局

受講形態

講義 演習 ワークショップ

事前課題

事前課題として事前読み物をご用意しております。必ず一読してからご参加ください。

受講者に期待されるISO最低知識レベル

初級レベル 中級レベル 上級レベル
参考) 初級レベル:ISO規格に関する研修に出席したことがある/聞きかじったことがある。
中級レベル:ISO規格をある程度説明できる。内部監査メンバーを担当/被監査側として監査に対応している。
上級レベル:ISO規格を業務で活用している。内部監査チームリーダー/事務局を担当している。

その他詳細情報

事前課題 あり
期間 1日間
開始・終了時刻 09:20-17:00
研修+休憩時間 6時間25分(休憩75分)
定員 12名
受講費用(参考額) 1名様 ¥28,000 (税抜き)
その他 臨時公開/講師派遣の費用等詳細は営業よりお見積もりにてご提示します。
  • 臨時公開/講師派遣の場合、開始・終了時間は調整可能です。
  • 臨時公開の場合、定員は弊社で手配する研修会場により変わってまいります。
  • 講師派遣の場合、受講者人数は通常20名程度までで調整させていただいております。

企業/階層別教育研修としての活用

内部監査員

現場リーダー


NT-OHSIAT

お問合せ

ロイド レジスター
教育研修
Tel: 045-682-5291  Fax:  045-682-5289 
E-mail:   japan-training@lr.org