HACCP構築員養成研修


HACCP構築に取り組む方や構築前の基礎知識の習得を目指す方を対象に、HACCPシステムについて実践的な解説や演習を通じて楽しく学びます。厚生労働省通知「HACCPシステムについて相当程度の知識を持つと認められる者」の要件を満たす研修として修了者には修了証を発行します。HACCP責任者として構築の力量が得られる、また、実践者として食品安全事故防止のノウハウが身につく研修です。


研修の主要な内容


  • HACCPシステムと危害要因
  • 用語の説明、HACCPとは
  • 前提条件プログラム、HACCP適用の準備段階(解説と演習)
  • 施設の図面作成、フローダイアグラムの作成(解説と演習、ワーク)
  • 危害要因分析(解説と演習、ワーク)
  • 重要管理点(CCP)の決定、許容限界の設定、モニタリングシステムの確立、是正処置の設定、検証方法の設定、トレーサビリティーと校正、HACCP計画の実施記録と文書の保存(解説と演習、ワーク)
  • 科学的な根拠による前提条件プログラム(解説、実験)
  • 理解確認度テスト

期間 3日間
定員 20名 *公開研修の定員です。
受講料 受講料 1名様 ¥57,000 (税抜き)
*上記は期間限定の特別価格です。
*本研修は講師派遣が可能です。お問合せください。

お問合せ

ロイド レジスター
教育研修
Tel: 045-682-5291  Fax:  045-682-5289 
E-mail:   japan-training@lr.org