コアツール:FMEA 解説

FMEA(故障モード影響解析):製品のトラブルや製造工程でのトラブルの可能性およびその影響を事前に評価し、リスクを軽減する処置の優先順位を決定するための技法です。量産試作段階や量産段階に入ってからのフィードバックを含めて演習により実務的なノウハウを学びます。

研修の目的

  • IATFコアツールとFMEAの関係およびIATF 16949規格とFMEAの関係を説明できる。
  • FMEAを作成し活用できる。

研修の主要な内容

  • リコール事例と故障モード
  • コアツールの概要、FMEAとの関係
  • IATF 16949規格の要求事項の解説
  • FMEAの概要説明
  • FMEAの実施に向けて
  • 設計 FMEAの演習
  • プロセス FMEAの演習
  • 研修のレビューおよびまとめ

研修時間

9:20 -17:00

ネクストステップアップ


スキル向上 規格解釈 構築・運用 監査・分析 認定監査員
初級レベル        
中級レベル            
上級レベル            

期間 1日間
定員 12名 ※公開研修の定員です。
受講料 1名様 ¥35,000 (税抜き)
※公開研修の受講料です。