トップマネジメント(プロセスアプローチとパフォーマンス指標)

トップマネジメント向けの研修です。参加者と講師との双方向コミュニケーションによりプロセスアプローチとパフォーマンス指標について理解を深めていきます。組織の目標に見合う適切なパフォーマンス指標が設定できるようになることが研修の目標です。

事前課題

ISO 9001:2015の以下項目を事前にご参照ください。
0.3 プロセスアプローチ (特に、図1)
4.1 組織およびその状況の理解
6.1 リスク及び機会への取り組み (特に、6.1.1)

  • 業務課題をご準備ください。
  • 規格要求事項(箇条0~10まで)をざっとお目通しいただくことができれば研修が実り多いものになります。

ISO 9001プロセスアプローチとパフォーマンス指標について一般的なご説明をさせていただきます。

  • ISO 9001プロセスアプローチ
  • パフォーマンス指標
  • トップマネジメント・マネジメント
  • 箇条4及び6
  • ディスカッション


研修の目的

  • ISO 9001プロセスアプローチの考え方とパフォーマンス指標を説明できる。
  • 業務目標と目標達成のための計画、期待される結果をプロセスアプローチの考え方でとらえることができる。
  • 期待される結果を達成するために必要なパフォーマンス指標を設定することができる。

受講をお勧めする方

トップマネジメント(社長・執行役員ほか経営層)の方

研修時間

13:00 -15:00

期間 半日間(2h)
定員 12名 ※公開研修の定員です。
受講料 1名様 ¥30,000 (税抜き)
※公開研修の受講料です。

追加受講オプション

  • トップマネジメント(プロセスアプローチとパフォーマンス指標)ワークショップ

参加者のご要望によりプロセスアプローチとパフォーマンス指標についてさらにワークショップ(2回目:臨時公開研修)を計画することができます。
2回目では、設定した業務目標、そのための計画、期待される結果、及びパフォーマンス指標について皆様に討議していただきます。講師からは1回目の研修でお伝えした一般知識をあらためて簡略化してご説明します。ワークショップ形式によるさまざまな視点からの討議を行うことによりプロセスアプローチとパフォーマンス指標について理解を実践レベルまで深めていただきます。実際に自ら利用できるレベルになっていただくことが2回目のワークショップの目的です。

事前課題、受講料等は別途LRQA教育研修までお問い合わせください。