ロイド レジスター クオリティ アシュアランス (LRQA) とは

ロイド レジスター クオリティ アシュアランス (LRQA)は、独立した審査、認証、検証、妥当性確認およびトレーニングを行い、50を超える認定機関から承認を受ける認証機関です。

1985年、ロイド レジスター クオリティ アシュアランス(LRQA)は、国際的に名高いロイド レジスター グループの100%出資によって設立され、1986年に英国の認定機関NACCB(現UKAS)よりISO 9000の原型であるBS 5750の第一号の第三者認定機関として認定を受けました。以来、LRQAでは120カ国で6万件以上の審査登録業務を行っております。
そして、21世紀に入り、企業の実績は財務実績だけでは評価されない時代となり、企業の品質・環境・安全に対するさまざまなリスク管理が不可欠となりました。
ISO国際標準規格をベースにしたマネジメントシステムの審査登録は、それらのリスクマネジメント非常に有効な道具であり、かつ国際的な競争力アップをもたらすものとされています。

LRQAは審査登録から教育研修まで一貫体制で、お客様のマネジメントシステムの導入、運用効果を最大限高める支援を行います。 LRQA審査の基本姿勢は、お客様のビジネスパートナーとして、お客様の視線を大切にすることです。タテの関係ではなくヨコの関係でお客様満足を追求します。
毅然、(厳密)、公正、友好的という3F(Firm、Fair、Friendly)にたったパートナーシップは、長年、世界各国で実績と信頼を築いてきたロイド レジスター グループの姿勢です。

LRQAの審査の特長は多くあります。 たとえば重箱の隅をつつかない、改善のヒントを与えるメリハリの利いた審査があげられます。規格の要求に従っただけの紋切り型の質問・回答ではなく、お客様のケースやニーズに応じ、改善のための適切で具体的な指摘と提言を行っています。 また、お客様の企業価値、製品やサービスの価値を認めた審査にも定評があります。画一的な審査ではなく、お客様のモノづくりのこだわりや長年の手法といったものを理解し、共有したうえで討議を行います。当然そこでの対話はISO的な専門用語ではなく、お客様にとっても分かりやすく理解できる用語で審査を行います。 その結果としてお客様がマネジメントシステムを自身のビジネスへどのように利用すべきか、そのための業務改善のきっかけをつくることに成功しているのです。

LRQAは審査を通してお客様の業務改善に確かな「価値」を提供し、更なるビジネス発展をお手伝いいたします。

会社概要

会社名 Lloyd's Register Quality Assurance Limited
ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド(略  LRQA)
所在地 ※ アクセス
〒220-6010
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-1  クイーンズタワーA 10F
Tel: 045-682-5290  Fax: 045-682-5289
Email: yokohama-lrqa@lrqa.com
会社設立日 1985年1月21日
株主 ロイド レジスター グループ リミテッド
(Lloyd's Register Group Ltd)
日本における代表者 野浦 晃 
Noura, Akira
取引銀行 香港上海銀行 東京支店
主要業務

1) マネジメントシステムの認証および二者監査
2) 温室効果ガスの妥当性確認・検証
3) 環境データの第三者検証
4) 環境/CSR/サステナビリティ 報告書、CDP等、情報開示関連サービス
5) 上記の教育研修サービス

 

 公平性(Impartiality)に関するコミットメント

LRQA ジャパンは、第三者認証機関及びGHG検証機関として信頼を与える認証、妥当性確認及び検証事業を提供するため、関連のISO規格に規定されている公平性(Impartiality)に係わる要求事項を満たす業務を行います。 

この件に関するご意見またはご質問は、「お問合せフォーム」からLRQA ジャパンにお問い合わせください。

LRQA 英国本社のウェブサイトのAbout Us (会社概要)ページに掲載されております、公平性(Independent and Impartial)に関する内容は、「LRQA 本社 サイトへ - About LRQA Head Office」からご参照いただけます。

認証の拒否

お見積りおよび契約時もしくは認証手続き中に、弊社が認証を付与することができないと判断された場合には、お客様にこの決定の理由をお伝えします。