ビジネス アシュアランス

お客様のシステムが、LRQA 独自の審査手法 - ビジネス アシュアランス - によって、強力なマネジメントツールに変わります。

ビジネス アシュアランスは、従来の認証に付加価値をもたらす3つの柱に基づいて構築されています。

1. リスクベース手法

既存のマネジメントシステムが、きちんとお客様の業界およびそれに関連する重要なリスクを考慮し、対応しているかどうかを確認する必要があります。そうすることで進歩したシステムを構築していくことができるのです。私たちは、まず当該リスクを識別するため、お客様の業界に関する知識や業務上の戦略に関する理解を深めます。
こうしてリスクベースの手法で構築されたマネジメントシステムは、完全かつ適切な状態を保つことが可能なため、ステークホルダーの信頼と高い評価を得ることができます。

ビジネス アシュアランスのサービスは、当社のサプライチェーンの安全を今後も一段と強化していくこと、その結果、利益を守ることに役立っています。さらに、顧客からの信頼も高まりました。

DB シェンカー・ロジスティクス・マレーシア マネージングディレクター Wolfgang Laabs

2. ビジネス課題重点審査(FABIK)

リスクベースの手法で構築されたマネジメントシステムがお客様にとって本当に有効であるか―私たちはお客様のビジネスで最も重要なテーマを取り上げてその分野を詳細に検証し、システムが有効に機能するかどうかを確認します。そうすることで、課題に対して確実に焦点を当てられるのです。

3. システムの継続的改善

最良のシステムを構築しても放置してしまうと、有効性が時間とともに低下することがあります。しかし継続的に改善することで、マネジメントシステム強化による可能性の追求や長期的な強化維持など、さらなる利益がもたらされます。

継続的な改善は、あらゆるマネジメントシステムの基本です。この基本を踏襲することにより、将来にわたって要求事項に適合する優秀な企業であることを印象づけ、ステークホルダーに信頼と安定を提供することができます。