付加価値

ステークホルダーからの要求は一段と厳しくなり、ビジネス環境が次々と変化する時代。 今、企業は競争の激化に直面しています。 その中で企業は、ビジネス全体にわたる業務管理の効率化、業績向上、リスク管理の改善を追及しなければなりません。

このような企業が抱える課題への対応をサポートするため、私たちはサービスおよび審査方法の向上を続けています。該当する規格の要求事項を満たしていることを確認するだけでなく、期待された審査プロセスから一歩踏み込んだ「付加価値」をご提供する、それが『ビジネス アシュアランス』です。

私たち独自のこのサービスは、既に世界中の企業をサポートしています。これからの業績を安定・改善させるために、ビジネス アシュアランスがシステムおよびリスク管理に役立つものと確信しています。

“成果を確信いただける審査”を目指して

ビジネス アシュアランスを具現化する審査ISO 9001は2000年版でその基本的な考え方が、品質保証から品質マネジメントシステムへと大きく変わりました。これにより、審査機関には、単に規格の要求事項への適合性を審査するだけではなく、マネジメントシステムの有効性を審査することが求められるようになりました。また、ISO 9001の認証取得から時間が経つにつれ、“システムはもうできあがっているから、システムの効果的な使い方を知りたい”あるいは、“もっと積極的に活用して、さらに成果を生み出したい”とお考えの企業も多くなっています。 

一方、世界最大規模のマネジメントシステム審査員国際登録機関であるIRCAのフォーラムでは、成果を生み出す審査を行うために、審査員には“お客様のビジネスを理解している”“トップマネジメントと話ができる”ことが必要だと話し合われました。 こうした状況の中で、LRQA ジャパンでは、お客様のビジネスを理解して真に重要と捉えていることに焦点を当てながら、マネジメントシステムの有効性を判断することで、「組織の事業目的・目標達成に確信を与える=ビジネス アシュアランス(Business Assurance)」というコンセプトのもと審査を実施しています。


“ビジネス アシュアランス”を具現化していくために

ビジネス アシュアランスでは、お客様の成果として“マネジメントシステムが事業リスクを配慮して設計されているという確信”“事業プロセスがステークホルダーの要求する成果を生むという確信”“経営者の継続的な改善が可能であるという確信”をもたらすことを目指しています。 このビジネス アシュアランスを具現化していくために、LRQA ジャパンでは、2000年頃から、審査報告書を3段階に体系化した“Eレポート”や、継続改善シート“CIログ”などのサービスを順次提供してきました。さらに、2007年からは従来の定期審査の方法を変え、“FABIK(重点課題審査:Focused Assessment on Business Issues and Kaizen)”を導入。そして、2010年からはリスクベースのアプローチ審査をスタートしました。こうした審査手法によってお客様の経営リスクを最小限に、パフォーマンスを最大限に発揮するシステムにしていただき、目に見える改善と価値を与えるビジネスアシュアランスを提供していこうとしているのです。