システムの継続的改善

システムの継続的改善では、事業の目的・目標の達成に向けて、システムを継続的に審査します。

マネジメントシステムの有効性も、そのままにしておくと、時間とともに薄れていくことがあります。しかし、継続的改善を効果的に実施すれば、その有効性は倍増します。

  • マネジメントシステムが強化されて内に秘めた真価が発揮されます。
  • その強化は長く持続します。

その結果、継続的改善はあらゆるマネジメントシステムにおいて、それを構成するひとつの基本的要素になります。継続的改善を実施することより、組織は本来の能力を発揮して、現在も今後もその責任を果たせるようになり、ステークホルダーに安心感や信頼感を与えられるようになります。