ロイド レジスター グループについて

ロイド レジスターは、独立性を持ったリスクマネジメント組織です。危機管理審査を通し軽減策やマネジメントシステムの証明などをグローバルに提供しています。私たちはお客様の品質、安全性、環境性能及びビジネスパフォーマンスを高めるためのお手伝いをします。

ロイド レジスター(Lloyd's Register)とは

ロイド・レジスターは、17世紀にエドワード・ロイドが経営していたコーヒー店から始まりました。この店は、船に関わる商人、海上保険業者たちの集まる場 所であり、ロイド氏は彼が聞いたあらゆるニュースを印刷し、回覧することによって、商人たちの情報交換の手助けをしました。

私たちは、250年以上にわたり世界中でサービスを提供しています。

ロイド レジスターの歴史

1760年 コーヒー店の顧客たちが登録協会 (Register Society) 創立。
1764年 船に保険をかけている保険業者、その船を傭船している商人が、船舶に関する情報を共有するため、船舶登録簿が初めて交付されました。その際に、船舶の状態 を母音+数字で表示し、最高級を表す "A1" は、今や一般の英語辞典に載るほど一般的な言葉になっています。
1774年 協会員である保険業者たちが、保険業を行うため店舗を移転しました(後のロイズ保険)。
1834年 ロイド・レジスター・オブ・ブリティッシュ・アンド・フォーリン・シッピング (Lloyd's Register of British and Foreign Shipping) として再編されました。そして船舶の検査及び格付けのための規則 (Rules) が初めて発行されました。
1834年~40年 63人の検査官を採用し、15,000隻の検査を行いました。
1885年 ロイド・レジスター日本事務所 業務開始。
1914年 組織名をロイド・レジスター・オブ・シッピング (Lloyd's Register of Shipping) に変更。
1900年代 ロイドが提供した船舶業界に関する専門知識が、現在の世界的なサービスをもたらしました。
1994年 LRQAジャパン・ビジネス・センター 業務開始。
2003年 組織名を、現在のロイド・レジスター (Lloyd's Register) に変更。
2012年 Lloyd's Registerが、Lloyd's Register Group Ltdに社名変更。